2005年01月03日

と学会会長の短編集

審判の日
山本弘著


山本弘といえば、超常現象・超古代文明等を扱った非科学本=とんでも本を、笑いものにしながら切って捨てる「と学会」の会長。本業はSF作家です。
前作神は沈黙せずは、超常現象の百科全書とも言うべき長大な作品でしたが、本書は宇宙論、人工知能、終末予言といったモチーフによる、手に取りやすい短編集となっています。
第二話「屋上にいるもの」に、乙一とも通じるテイストを感じたのは私だけでしょうか。

(1月2日読了)


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

賛否両論踏まえた“39条”入門書

刑法三九条は削除せよ!是か非か(新書y 120)
呉智英共編著・佐藤幹夫共編著

刑法39条。それは@心神喪失者を不可罰とし、A心神耗弱者の刑を軽減するものです。責任能力無き者の人権を守る条文である一方、犯罪被害者(の遺族)は加害者が無罪放免されることに憤りを隠せません(同様の問題は少年犯罪にも言えます)。

本書は呉智英・小谷野敦といった批評家や現場の精神科医・弁護士らが、それぞれの立場から39条の是非を論じます。責任能力とは何か、被害者感情にどう応えるのか、心神喪失者とそれを装っているだけの者をどう区別するのか、果ては精神鑑定そのものの科学的根拠にまで疑いの目は及びます。また、Aの心神耗弱の条項のみ削除せよとの意見もあります。心神耗弱というなら、殺人に手を染める瞬間は誰だって普通の精神状態ではないですから。ただ忘れてはならないのは、大多数の心神障害者が犯罪とは全く無縁の人生を送っているということです。

実は最も無視されているのは、犯罪者と同類扱いされてしまう加害者親族の人権かもしれません。
(1月2日読了)

posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・思想交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。