2005年04月29日

あなたは懐疑派?陰謀派?



帝都東京・地下の謎86

首都東京には知られざる広大な地下網が戦前から存在し、現在の地下鉄や駐車場もその遺構を利用して建設されている。それら地下網は戦時下の防空施設であり、実体は闇の彼方・・・それが秋庭俊著『帝都東京』シリーズの主旨です。
『地下の謎86』と『写真と地図で読む』は、地上の読者を東京の謎スポットへと誘う、一種のガイドブックです。
著者の主張に対し、近代都市東京に誰も知らない地下網なんてある筈が無いと真っ向否定する人もいるでしょう。あるいは土建屋国家の利権構造や軍国主義の亡霊を見る人もいるでしょう。
『写真と地図で読む』の巻末コラムで宮沢章夫が書いているように、日本が“普通の国”であるなら、首都には有事に備えて(非公開の)政府専用地下道や頑強なインフラが整備されていて当然であり、陰謀でも何でもないと私は考えます。



写真と地図で読む!帝都東京・地下の謎

(4月29日読了)


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・思想交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。