2005年07月17日

『勝ち組』の語源、ご存知ですか?

「負けた」教の信者たち
斎藤 環 / 斎藤 環著

勝ち組・負け組(あるいは負け犬)をめぐる言説がかまびすしい昨今ですが、勝ち組の語源は、第二次大戦直後に日系ブラジル人の間で「日本は戦争に勝った」と主張した人たちの呼称だそうです。
要するに『勝ち組』とは『勘違い組』の別名でもあるわけですね。
確かに我々は『勝ち組』と称する経営者やセレブ女性らの金満ぶりを、羨望の眼差しと言うより、世間とズレた変わった人たちとして、冷ややかな視線で見ているような気がします。
一方『負けた』教の信者たちとは、自分は負けたのだと勝手に思い込んでいる人たちのことです。この『確固たる自信の無さ』を、若者たちが現代社会を『正気』で生きるためのナルシシズムの産物であると、著者は分析しています。なるほど。

(7月17日読了)
続きを読む


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 21:31| Comment(3) | TrackBack(0) | 社会・思想交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。