2005年07月24日

希望があるなら、まだいい・・・

希望格差社会
山田 昌弘

“ひきこもり”の斎藤環を読んだら“パラサイト・シングル”の山田昌弘を読まないわけにはいかないでしょう…?!
大学を卒業しても企業に就職できず、大学院を出たのに研究者にはなれない。日本経済を支えていた進学⇒就職のパイプラインは、入口よりも出口が狭くなり、機能不全に陥っています。
いつかは学歴相応の仕事に就けると思い、あるいは自分を一生養ってくれそうな配偶者との出会いを願い、それまでフリーターで食いつないでいこうとする、しかし叶わない。希望と現実の格差が広がる時代の到来です。
しかし“希望格差社会”なら、希望のレベルを下げればいいんです。
本書の冒頭には、5年後の生活の見通しが立たないのに老後の心配なんてできないと言う、年金未納のフリーター青年が登場します。たとえ私たちが今後も定職に就けて、たとえ年金が無事に受給できたとしても、希望を失った元・若者による自暴自棄型犯罪の巻き添えを食わないという保障はありません。
本当に恐ろしいのは“希望皆無社会”です。
(7月23日読了)
続きを読む


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・思想交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お帰りなさい!


『もてない男』のヒットから、6年。結婚と離婚を経験をして、あの小谷野敦が帰ってきました。
フェミニズムはもてない男のみならず、もてない女を救っていないという指摘は相変わらず有効です。近頃話題の“負け犬女”や“だめんず女”はあくまでもてる女であり、もてない女論ではありません。
本書の読みどころは何と言っても、根っからの書斎派だと思っていた著者が、出会い系サイトに潜入したり、結婚情報サービスに体当たり取材するところでしょう。それらの世界では、登録者の学歴がほとんど考慮されていないという、面白い発見もあります。
しかし、東大卒で、好き放題書いた本をメジャー出版社から出す機会と才能がある小谷野さんは、十分に恵まれた境遇の人に見えますが・・・。
(7月24日読了)
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 09:45| Comment(3) | TrackBack(1) | 社会・思想交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。