2005年08月28日

『憲法力』は『ことば力』

憲法力
大塚英志〔著〕

日本国憲法草案はわずか9日間で創られた。
この事実は“憲法押し付け論”の論拠のひとつでもありますが、逆に言えば誰にだって憲法を創ることができると、大塚英志は“憲法前文を書こう”運動を勧めてきました。
自ら憲法前文を書くことによって、憲法における「We」とは誰なのか(全人類なのか日本国民なのか)を考えるきっかけとなります。憲法とは民から国への命令ですから、私たちに最も近い法律なのです。

「大量破壊兵器が見つからないからといって、大量破壊兵器が無かったことにはならない。フセインが見つからないからといって、フセインがいなかったことにはならない」総理大臣のこんなトンデモ発言が国会でまかり通ってしまう我が国ですが、政治家の言葉の軽さを嘆くより、自ら憲法前文を書くことで政治を語ることばを取り戻そうというのが大塚の主張です。
9月11日は総選挙。護憲派も改憲派も創憲派も、柳田國男の言う公民(=群れに流されず選択する有権者)として、自らのことばで考え投票しましょう。

(8月28日読了)


続きを読む


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 21:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年4月25日

2005年になって既に様々な事件・事故が起きていますが、4月25日のJR福知山線脱線事故は忘れることの出来ない大惨事です。



福知山線は過密ダイヤとは言えない、事故の起こった半径300mのカーブよりも急なカーブは多くはないが他にもある、旧式ATSでも事故は防げた…等、本書は事故の原因として報道された事項に異議を唱えています。
著者が今回の事故の最大の要因として挙げているのは、鉄道関係者に危険視する声さえあるという、事故車両の採用していたボルスタレス台車です。他に、油の焦げるような臭いがしたという乗客の証言からオイルダンパーの損傷や、ブレーキ系統に不具合のあった可能性も指摘しています。
JRの企業体質や運転士の心理といった感情論を避けて、事故原因を純粋に技術的な面から探ろうとする本なので、非・鉄道マニアには初めて目にする用語がズラリ…でした。

(8月21日読了)
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学技術交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。