2005年09月25日

マルクスさんではありません

「資本」論!…あの古典的大著と同じ、凄いタイトルです。でも資本に「」がついています。
所有とは、市場とは、資本とは、そして人的資本(労働力)とは…社会・経済の“基本のキ”のコトバの意味を改めて考えさせてくれる本です。

「資本」論
稲葉 振一郎著


まずは「自然状態」というコトバを問い直します。人間の自然状態は戦争状態である、と規定したホッブズ。国家はなくとも自然法と呼べる秩序状態にある、としたジョン・ロック。両者の不備を批判し、人為的ではあるが恣意的ではない暗黙の合意“コンヴェンション”を提示したヒューム。この三者の思想を比較して、所有とは何かを考えていくのです。

文章はとても判りやすく、おカタいタイトル、新書としては厚めの300ページ近いボリュームにも関わらず、スイスイ読めます。
資本主義経済における労働者の疎外を発見したマルクスの功績は認めつつも、私的所有と市場経済は守られなければならないとする、極めてまっとうな本であります。
しかし…この本は普通には終わらないのでした。

エピローグでは、労働力との絡みでロボットについて論じ、さらに人間が人体改造によってサイボーグ化するSF的未来社会像にまで筆が走るのです。
マルクス主義は生身の人間には実現不可能な構想だったが、人間以外の者(ロボットあるいはサイボーグ?)を主体とするなら実践されうる…という著者の結語は、マルクスさんを褒めているのか、それとも貶しているのか…?

(9月25日読了)


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 21:29| Comment(3) | TrackBack(0) | 社会・思想交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月19日

♪昔、昔、浦島は〜♪

神話やおとぎ話はたとえ荒唐無稽であっても、そこには何らかの史実が残されています。
最もメジャーなおとぎ話のひとつである、浦島太郎。亀の背中に乗って海の向こうの竜宮城へと旅立ち、持ち帰った玉手箱を開けてみればあっという間におじいさん…と、荒唐無稽さでも群を抜いています。

浦島太郎のルーツを辿る旅は、浦島伝説を収めた『丹後国風土記』の舞台、京都府丹後半島から始まります。
太郎を乗せたカメの種類を推理し、竜宮城のモデルを求めて中国へ渡り、玉手箱の正体を探るために日本全国の浦島伝説の地を旅します。
浦島太郎ゆかりの地は南国沖縄県から、なんと長野県の山奥にまであるのです。
旅の果てに見えてきた、古代日本人と海の物語。昔話は奥が深い!!
(9月19日読了)


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 20:51| Comment(7) | TrackBack(0) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月18日

メディアを制す者、選挙を制す。

2005年9月11日の衆議院総選挙では、自由民主党が296議席を獲得し圧勝しました。
自民党小泉総裁は『改革を止めるな』と訴え、争点を郵政民営化一本に集約。民営化法案に反対した前議員に次々と対立候補を擁立し、有権者に改革の本気度を強烈にアピールすることに成功しました。
一方、民主党の『日本をあきらめない』というコピーは、ハッキリ言って意味不明。独自の郵政改革案にも後出し感は否めず、むしろ姿勢のブレを印象付けただけに終わりました。

選挙は短期決戦であり、有権者の支持を得るには政治姿勢を判りやすく訴えることが必要です。しかし判りやすさの安易な追求は“ワンフレーズ・ポリティクス”と呼ばれ、大衆を欺くものとして批判する声もあります。そこで手に取ったのがこの本です。

メディア危機
金子勝著 / アンドリュー・デウィット著

『テロとの戦い』という単純なスローガン。
『我々の側に付くのか、テロリストの側に付くのか』という二項対立図式。
アメリカ・ブッシュ政権のメディア戦略は問題を単純化し、戦争やテロの裏側にある複雑な構造を見えにくくしています。そんなアメリカの手法をあたかも“グローバル・スタンダード”であるとして受け入れてしまう、我が日本。単純化は、思考停止を促します。
メディア・リテラシーの大切さを訴える本書ですが、メディアの虚構を見破るのは実際には難しいことです。思考停止しないために…当blogとして言えるのは、ひたすら“読む”という行為を続けることのみですね。
(9月16日読了)
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 13:41| Comment(3) | TrackBack(0) | 社会・思想交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月11日

ニッポンの、3分の2


日本の山村は、急激な過疎化に見舞われています。その一方で、高齢者が一度は捨てた村に回帰する動きも見られます。山が単に貧しく不便な地なら理解できない現象ですが、そうではないと著者は考えました。
村の経済規模を米の石高で表すなら、水田の少ない山村は非常に貧しいことになりますが、実際には林業や狩猟といった豊かな山の幸に恵まれていました。福井県名田庄、山梨県早川、長野県秋山などの古文書から、豊かな山の世界が浮かび上がってきます。
山の幸は交易によって他の村々にもたらされ、人的交流も活発であり、山村は閉鎖的であるという見方にも異を唱えています。
日本列島の約3分の2は山地です。稲作中心・平地中心の歴史観からは見えてこない、もうひとつのニッポン。民俗学好きの方も楽しく読めると思います。
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 19:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界は○○で出来ている

温度から見た宇宙・物質・生命
ジノ・セグレ著 / 桜井 邦朋訳

古代の哲学者たちは、万物の根源は何かを考えてきました。
もし「世界は何で出来ていると思うか」と聞かれたら、私なら「世界は熱で出来ている」と答えます。

熱力学の第一法則=宇宙のエネルギー量は一定である
熱力学の第二法則=宇宙のエントロピーは極大に向かう

自然界の現象はすべて、熱力学の法則に従っています。まさに本書のタイトル通りです。これは読まずにいられません。
人間の体温からはじまって、熱力学、地球温暖化、熱水噴出口に棲む生命、太陽とニュートリノ…世界的な物理学者が、温度を切り口に様々な科学の話題をわかりやすく語ります。
科学者たちのエピソードもふんだんに盛り込まれ、科学史読み物としても楽しめます。

(9月10日読了)
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 18:08| Comment(9) | TrackBack(0) | 自然科学交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月03日

FCって、なあに?

物は言いよう
斎藤 美奈子著

FC…それはフェミ・コード。言動が性差別になるかどうかを検討するための基準。
「男の子なら泣くんじゃない」とか「女の子はお上品に」など、明らかに差別・セクハラかとなると微妙だけれど、引っかかる言葉遣いは多々あります。
そんな気になる発言の数々を新聞・雑誌から集めた、今はなき『噂の真相』連載の単行本化です。
著者曰く、本書は言葉狩りが目的なのではなく、フェミ・コードはあくまでドレス・コードであって、社交の場で自分自身の品位を落とさないためのマナーなんだそうです(心の中ではどう思っていようと構わない!)。
私自身は、女性の夫を「ご主人」とは呼ばずに「旦那さん」と呼ぶよう意識しております。
(9月3日読了)
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 22:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 社会・思想交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。