2005年09月18日

メディアを制す者、選挙を制す。

2005年9月11日の衆議院総選挙では、自由民主党が296議席を獲得し圧勝しました。
自民党小泉総裁は『改革を止めるな』と訴え、争点を郵政民営化一本に集約。民営化法案に反対した前議員に次々と対立候補を擁立し、有権者に改革の本気度を強烈にアピールすることに成功しました。
一方、民主党の『日本をあきらめない』というコピーは、ハッキリ言って意味不明。独自の郵政改革案にも後出し感は否めず、むしろ姿勢のブレを印象付けただけに終わりました。

選挙は短期決戦であり、有権者の支持を得るには政治姿勢を判りやすく訴えることが必要です。しかし判りやすさの安易な追求は“ワンフレーズ・ポリティクス”と呼ばれ、大衆を欺くものとして批判する声もあります。そこで手に取ったのがこの本です。

メディア危機
金子勝著 / アンドリュー・デウィット著

『テロとの戦い』という単純なスローガン。
『我々の側に付くのか、テロリストの側に付くのか』という二項対立図式。
アメリカ・ブッシュ政権のメディア戦略は問題を単純化し、戦争やテロの裏側にある複雑な構造を見えにくくしています。そんなアメリカの手法をあたかも“グローバル・スタンダード”であるとして受け入れてしまう、我が日本。単純化は、思考停止を促します。
メディア・リテラシーの大切さを訴える本書ですが、メディアの虚構を見破るのは実際には難しいことです。思考停止しないために…当blogとして言えるのは、ひたすら“読む”という行為を続けることのみですね。
(9月16日読了)


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 13:41| Comment(3) | TrackBack(0) | 社会・思想交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。