2005年09月19日

♪昔、昔、浦島は〜♪

神話やおとぎ話はたとえ荒唐無稽であっても、そこには何らかの史実が残されています。
最もメジャーなおとぎ話のひとつである、浦島太郎。亀の背中に乗って海の向こうの竜宮城へと旅立ち、持ち帰った玉手箱を開けてみればあっという間におじいさん…と、荒唐無稽さでも群を抜いています。

浦島太郎のルーツを辿る旅は、浦島伝説を収めた『丹後国風土記』の舞台、京都府丹後半島から始まります。
太郎を乗せたカメの種類を推理し、竜宮城のモデルを求めて中国へ渡り、玉手箱の正体を探るために日本全国の浦島伝説の地を旅します。
浦島太郎ゆかりの地は南国沖縄県から、なんと長野県の山奥にまであるのです。
旅の果てに見えてきた、古代日本人と海の物語。昔話は奥が深い!!
(9月19日読了)




posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 20:51| Comment(7) | TrackBack(0) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。