2005年09月25日

マルクスさんではありません

「資本」論!…あの古典的大著と同じ、凄いタイトルです。でも資本に「」がついています。
所有とは、市場とは、資本とは、そして人的資本(労働力)とは…社会・経済の“基本のキ”のコトバの意味を改めて考えさせてくれる本です。

「資本」論
稲葉 振一郎著


まずは「自然状態」というコトバを問い直します。人間の自然状態は戦争状態である、と規定したホッブズ。国家はなくとも自然法と呼べる秩序状態にある、としたジョン・ロック。両者の不備を批判し、人為的ではあるが恣意的ではない暗黙の合意“コンヴェンション”を提示したヒューム。この三者の思想を比較して、所有とは何かを考えていくのです。

文章はとても判りやすく、おカタいタイトル、新書としては厚めの300ページ近いボリュームにも関わらず、スイスイ読めます。
資本主義経済における労働者の疎外を発見したマルクスの功績は認めつつも、私的所有と市場経済は守られなければならないとする、極めてまっとうな本であります。
しかし…この本は普通には終わらないのでした。

エピローグでは、労働力との絡みでロボットについて論じ、さらに人間が人体改造によってサイボーグ化するSF的未来社会像にまで筆が走るのです。
マルクス主義は生身の人間には実現不可能な構想だったが、人間以外の者(ロボットあるいはサイボーグ?)を主体とするなら実践されうる…という著者の結語は、マルクスさんを褒めているのか、それとも貶しているのか…?

(9月25日読了)


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 21:29| Comment(3) | TrackBack(0) | 社会・思想交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。