2005年10月02日

悲観も楽観も、いけません。

ワールドウォッチ研究所の『地球白書』は、毎年地球の危機的状況を訴えています。ローマ・クラブの『成長の限界』は、世界の壊滅的未来を予言してベストセラーとなりました。
あと30年で石油は無くなる…とは30年以上前から言われていましたが、未だに石油の枯渇は訪れていません(現在の原油高騰は石油が掘れなくなったせいではない)。
果たして私たちの地球は、実際にいまどんな状況にあるのでしょうか?



環境危機をあおってはいけない ビョルン・ロンボルグ

この本は「地球は温暖化なんかしていない、温暖化論は原子力推進派の陰謀だ」なんていう、トンデモ本ではありません。
ビョルン・ロンボルグは『地球白書』と同じFAO(国連食料農業機関)のデータを用いて、全く違う結論を導き出しているのです。
『地球白書』が森林減少が著しい年のデータから森林の加速度的破壊を憂えるのに対し、本書では長期的には森林減少はスローダウンしているとします。
また、人口増加による食糧難予測に対しては、単位面積あたりの収穫量の向上傾向を無視していると批判します。文明の進歩により、私たちの健康やエネルギーをめぐる状況は、かえって好転しているというのです。

かといって、この本は環境問題に対して何もしなくて良いと、言っているのではありません。未だエネルギーが危機的状況に無いのは、省エネ技術革新の積み重ねの成果であり、新たな油田が採掘可能になっているからで、こうした努力は今後も続けていく必要があります。

利用可能な資源が増えたからといって地球の有限性に変わりはありません。
また、大気汚染は改善傾向にあるが、シックハウス症候群やアスベスト問題など室内の空気は悪化しているし、食品の残留農薬で死に至る可能性は無視できるほど低いが、喫煙による健康被害は深刻だといいます。

地球環境のデータを正しく読んで、どの問題を優先的に解決すべきか適切なコスト配分をしよう、というのが、著者の主張だと思います。
600ページ近い本文と、膨大なデータを掲載する大著ですが、文章は平易で意外と読みやすい本です。

(10月2日読了)


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 18:19| Comment(11) | TrackBack(1) | 自然科学交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。