2005年11月20日

はるかなる飛鳥

11月13日、蘇我入鹿邸があったとされる甘樫丘東麓遺跡で、建物跡が発掘されました。
飛鳥時代最大の豪族・蘇我氏のルーツは、神話に登場する武内宿禰とも渡来系とも言われていますが、はっきりとはしていません。

シリウスの都 飛鳥
栗本 慎一郎著
 

続きを読む


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 22:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。