2005年11月23日

トーキョー・ダイビング

地球の気候は、寒冷化と温暖化を繰り返しています。氷河期は今よりも海面が低く、日本列島は大陸と地続きでした。縄文時代の日本は今よりも温暖で、東京の低地は海の底だったのです(縄文海進)。

アースダイバー
中沢 新一著


アースダイバーとは、水中深く潜った水鳥が持ち帰った泥が陸地のもとになったいう、ネイティヴ・アメリカンの創世神話です。現代のアースダイバー・中沢新一は、アスファルトに覆われた東京の地下に眠る、縄文時代の海岸線へ潜ります。
坂の多い都市、東京。坂を上った高台は、縄文時代には海へ突き出した岬で、そこは死者を埋葬する聖地であり、現在も神社や寺となっています。坂を下りたところは、当時は入り江でした。
世界に冠たる文明都市ながら、至るところに縄文の野生の息づかいが聞こえる、異形の都市・東京。中沢は、東京の成り立ちの物語を通して、資本主義経済という現代の神話を語ります。
語りは、騙りなり。彼の本職は学者ではなく、シャーマンなのかもしれません(良い意味で!)。
(11月23日読了)
続きを読む


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 21:26| Comment(6) | TrackBack(1) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。