2005年11月27日

♪も〜もたろさん、桃太郎さん♪

ミステリーには、歴史をテーマにした作品が数多くあります。
歴史ミステリーは、現代の人物が歴史上の謎、もしくは歴史に絡んだ現代の事件に挑みます。時代ミステリーと言った場合、物語の舞台そのものが過去です。

QED鬼の城伝説
高田 崇史著



高田崇史の『QED』シリーズは、実際の歴史上の謎と、歴史に絡んだ現代の事件の、両方を見事に解決する稀有な作品であります。
本作の舞台は、岡山。日本で最もメジャーな昔話、桃太郎のふるさとです。桃太郎のモデルとされる吉備津彦を祀る、吉備津神社。そこに伝わる鳴釜神事は、釜の鳴る音で吉凶を占います。
一方、総社市の旧家・鬼野辺家には、鳴ると凶事が起こるという大釜が伝わっています。薬剤師・棚旗奈々と妹の沙織、ジャーナリスト小松崎の三人は、旅先の岡山で、鬼野辺家長男の悲惨な死に遭遇します。
事件を解明するのは、遅れてやってきた桑原崇。寺社巡りが趣味で、タタルとあだ名される薬剤師です。彼が桃太郎伝説や、古代の山城・鬼の城の謎に迫ります。
鬼退治の物語が大和朝廷の征服神話であるとの説は既に定着していますが、桃太郎の登場人物を記紀神話の人物に当てはめて、神話に隠された鬼の歴史を解き明かすタタルの語り口には、改めて納得させられます。
(11月27日読了)
高田崇史公認ファンサイトclub TAKATAKAT




posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タフな奴ら。

生物が生きていくためには太陽が必要…だと学校で習った記憶のある方は多いと思いますが、実は太陽の光が届かない深海や地底にも、豊かな生命の世界が広がっていることが明らかになってきました。



暗黒の深海底の、数百度にもなる熱水噴出孔。そこにはチューブワームが群生し、シロウリガイやシンカイヒバリガイの生態系があります。熱水噴出孔は、最初の生命が誕生した場所と考えられるようになってきました。
さらに驚くべきは地下生物圏の存在です。地下の岩石の隙間には微生物の世界があり、地下微生物の総量(バイオマス)は2兆トン(炭素重量)と推定され、これは全ての動植物のバイオマス1兆トンをはるかに上回ります。
深海や地下深くの過酷な環境で生きる、タフな奴ら。そこは彼らにとっては快適な環境なのです。
そこから導き出されるのが、地球外生命の存在。太陽から遠く離れていても、そこに水と熱源があれば生命が存在することは可能です。
もっとも期待されている天体は、木星の衛星・エウロパです。表面を覆う氷塊の下には、海があることが確実視されています。
生命の大いなるに可能性に魅了される一冊です。

2007年9月18日放送
NHK総合プロフェッショナル「地の果てにこそ、真実がある 生物学者・長沼毅」

(11月26日読了)
続きを読む
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 00:30| Comment(4) | TrackBack(2) | 自然科学交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。