2005年12月31日

2005年は、宇宙の年!

小泉劇場、JR脱線事故、マンション耐震構造偽装・・・いろいろあった2005年は、間もなく過ぎ去ろうとしています。来訪者の皆様にとって、今年はどんな一年だったでしょうか?

私は、2005年は宇宙が熱い一年だった!と思います。
ディープインパクト計画小惑星探査機はやぶさ野口宇宙飛行士の活躍・・・さらに2005年は、アインシュタインの特殊相対性理論発表100周年を記念した世界物理年でもありました。



ホーキング、宇宙のすべてを語る

現代のアインシュタイン、スティーヴン・ホーキング博士。彼が難解な宇宙論の全体像を、最新の研究成果も交えて、門外漢にも判りやすく語ってくれました。
まずは古代ギリシャからニュートンに至る、宇宙論の歴史の講義です。
それから、あまりにも有名なアインシュタインの相対性理論。光の速度は観測者に関わらず不変である・・・これは特殊相対性理論。時間と空間は絶対的なものではないという、一般相対性理論。素人には、なんとも悩ましい世界です。
SFでおなじみ、タイムトラベルの可能性については、誰もが楽しめます。ちなみに私は、宇宙は生命および人類の生存に適した条件を満たしているという、人間原理をめぐる話題が大好きです。
皆さんご承知の通り、宇宙のすべてを記述できる統一理論は未だ完成していません。一般相対性理論と量子力学が相容れないからです。
悩ましく捉えどころのない、宇宙論の世界。いや、宇宙論の本は目眩を楽しむためにこそ読むのです!
(12月30日読了)


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 00:49| Comment(2) | TrackBack(1) | 自然科学交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。