2006年01月29日

宮廷バイオレンス

平安時代といえば、やんごとなき貴族たちが和歌を詠んだり音楽に興じる、源氏物語絵巻に描かれたような雅やかな世界が想像されます。
しかし・・・平安京の宮廷内は、想定外の血腥い暴力で満ち溢れていたのです!



殴り合う貴族たち

平安時代を代表する人物といえば、藤原道長。彼からして、粗暴な振る舞いの多い人物でした。
官吏の採用試験に手心を加えるために試験官を拉致したり、妻の外出の準備に手間取った者(中級貴族)を監禁したり、挙句の果ては自らの邸宅を造営するために、平安京の建造物を破壊しては建材を徴用しました。

道長と同時代人に、藤原実資という人物がいました。賢人右府(賢い右大臣)と評された彼の日記「小右記」には、当時の貴族たちの暴力沙汰が生々しく描かれています。
ちなみに「小右記」とは、小野宮に住む右大臣の日記という意味です。

とりわけ暴力沙汰が多いのは、道長・道隆(道長の兄)の子や孫にあたる、若い貴族たちでした。
道長には倫子・明子の二人の妻がおり、倫子の子である頼通・教通は摂政関白を歴任しますが、明子の子供たちはそうではありませんでした。そんな境遇のせいか、明子の子である四男・能信は問題児として何度も登場します。

道隆の子の伊周・隆家兄弟が、花山法皇襲撃事件で失脚したのは有名です。
さらに道隆の孫の道雅は「荒三位」「悪三位」と呼ばれるほど、数多くの暴力事件を引き起こしています。

花山法皇もまた、奇行の多い天皇として歴史に名を残しています。お住まいの花山院の門前を通る者を、妨害しては楽しんでいました。
当時は貴族の邸宅の門前を、馬や牛車に乗ったまま通過するのを無礼として投石する風習があり、法皇の行動はそんな風習がエスカレートしたものだったようです。

皇族では敦明親王も、トラブルメーカーとして名を残しています。
道長の圧力によって皇位に就けなかった彼は、藤原一族から軽く見られていたようで、それに対する反発が数々の紛争を起こしたようです。

女性も負けてはいません。女房(宮中に仕える女官)が男性と殴り合いの喧嘩をしたとの記述もあります。
前妻が嫉妬に駆られて後妻を襲撃する事件も珍しくなかったようで、後妻打(うわなりうち)という言葉まで生まれました。

平安とはとても呼べない、こんな時代の貴族には生まれ変わりたくないですね・・・

(1月28日読了)


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 11:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

知られざる法典

女性天皇を認めるかどうか・・・皇位継承をめぐる議論が活発な昨今ですが、皇位継承を定めた法律が皇室典範です。
現在皇位の継承は、男性皇族に限られています。
今後も男系男子を維持するのか、女性天皇を認めるのか、さらに女系天皇をも認めるのか。愛子内親王殿下が即位すれば女性天皇の誕生ですが、女系天皇ではありません。内親王のお子様が即位すれば、女系天皇となります。


天皇家の掟



鈴木 邦男〔著〕 / 佐藤 由樹〔著〕



本書は、若手編集者の佐藤由樹が皇位継承をめぐる議論や歴史をまとめ、各章末におなじみ民族派右翼の鈴木邦男が自らの主張を述べるというスタイルをとっています。

ご存知のように日本の歴史上、八方十代の女性天皇がおられます。
皇位を男性に限定した皇室典範が生まれたのは明治時代です。富国強兵を国是とした明治政府にとって、天皇は軍の総帥でもありました。
では、最初から明治の皇室典範(旧皇室典範)は男系男子主義だったのかと言うとそうでもなく、制定にあたっては女性天皇や女系天皇も議論されていたようなのです(女帝を否定したのは井上毅でした)。

男系男子維持を主張する識者は、宮家の復活を提唱します。戦後皇籍を離脱し一般人となった、旧宮家の人々を皇族に戻すという案です。過去にはただ一度、一旦は臣籍降下し源氏を名乗ったものの、皇族に復帰して即位した宇多天皇(学問の神様・菅原道真を抜擢したお方です)の例があります。
しかし、神武天皇のY染色体を維持するには男系男子に限ると言う、八木秀次の意見はトンデモでは・・・。神武天皇の遺伝子を受け継ぐことが皇位継承資格なら、源氏や平氏の子孫もしかり、いまこのblogを読んでいるあなたも有資格者かも?

世界各国の王室の皇位継承基準では、女王や女系も認めている例が多くあります。その場合、男子優先の国(デンマーク・スペイン・イギリス・・・)もあれば、長子優先の国(ベルギー・オランダ・ノルウェー・スウェーデン・・・)もあります。長子優先だと、第一子が女子ならば他に男子がいても次は女王です。
それらの国々も、最初から女王を認めていたわけではなく、王位継承危機があったり(デンマーク)、女子差別撤廃条約を受けて(オランダ)、憲法が改正されました。日本も柔軟に対処すればいいわけです。

宮家を復活するのか。女帝・女系を認めるのか。あるいは養子を迎え入れるのか。議論は色々あっていいでしょう。しかしながら、新たな皇室典範を天皇陛下に押し付けたり、ましてや皇太子妃に「お世継ぎ誕生」のプレッシャーをかけるのは不敬ではないのかと、鈴木は疑念を呈します。
いろんな意見を参考にしていただいた上で、最後は天皇陛下ご自身がお決めになる・・・私もそれが一番良いと思います。

(1月23日読了)
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:28| Comment(11) | TrackBack(1) | 政治・経済交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

未来予想図

大気汚染にエネルギー問題、交通事故や慢性的な都市部の渋滞・・・私たちの生活を支える自動車ですが、その未来は今のままでは決して明るいとは言えません。



ITSの思想

清水 和夫著

ITSとは、Inteligent Transport System=高度道路交通システムの略です。
カーナビゲーションは現在1,800万台(4台に1台)が装着し、ETCの普及も800万台を超えました。これら自動車の情報化は、渋滞の緩和に効果があります。今後は情報端末を装備した車両同士がつながって、渋滞や工事などの道路情報を共有することができるようになるでしょう。

交通システムだけでなく、クルマのそのものの知性化も、大きく進んでいます。
赤外線で夜間の歩行者を感知するナイトビジョン、カメラで道路の白線を認識して車線を維持するレーンキープシステム、衝突を事前に予測し自動ブレーキを掛けるプリクラッシュシステムさえも、いまや実用技術です。

しかしながら、自動車の本質は運転者の意思で自在に移動できることであり、完全な自動運転が必ずしも理想ではありません。なんでもクルマ任せにして、運転者に技術の過信をもたらすことも好ましくありません。
清水はレーシング・ドライバー出身であり、クルマはあくまで人が操るもの、機械に支配されないITS社会を是としています。

本書のサブタイトルは「持続可能なモビリティ社会」で、ITSのみならず自動車の未来像全般についての入門書ともなっています。
エンジンの将来について清水は、ガソリンとディーゼルを複合したようなバイオマス燃料エンジンのハイブリッド車を理想としているようです(清水って、反ハイブリッド派じゃなかったっけ・・・)。

高度に情報化された安全でクリーンなクルマによる、持続可能な未来社会。
その一方で、ローテクだけど走って楽しい軽量コンパクトなスポーツカーというのも、燃費に有利だし、今後も求められるのではないかと思いました。

(1月23日読了)
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学技術交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

フィールドワークは死を招く

通説に敢然と異を唱え、研究予算は年度早々に使い果たすトラブルメーカー。私立大学の民俗学助教授・蓮杖那智、彼女のフィールドワーク先には必ず事件が待ち受けています。



写楽・考



北森 鴻著



北森鴻の連作短編集『蓮杖那智フィールドファイル』シリーズの第3弾。本書には4話が収録されています。
憑代忌』(よりしろき)
憑代とは、神霊を乗り移らせた樹木や人形などを祭ったもの。憑代を破壊する行為は、一種の呪いともなります。御守り様という人形が伝わる旧家で殺人事件が・・・
湖底祀』(みなそこのまつり)
とある村の湖の底に、神社の鳥居が発見されました。湖底の神社で村おこし、と地元は沸きかえりますが・・・
棄神祭』(きじんさい)
殺害された神の遺体から、穀物や家畜が生まれたとする、保食神(うけもちのかみ)の神話。庭に盛られた塚の上で神像を焼く、御厨家の奇祭の真相は・・・
写楽・考
学会誌に突如掲載された、式直男なる無名の学者の論文。式家に伝わる絡繰箱(からくりばこ)には、寡作で知られる西洋人画家との関わりがあるという・・・
本作には、北森のもうひとつの人気作『冬狐堂』シリーズのヒロイン、旗師(店舗を持たない骨董商)・宇佐見陶子も登場します。
現代人の思考や行動にも見え隠れする、民俗的な感性。蓮杖那智シリーズは、犯人探しやトリック云々よりも、事件の背景にどんな民俗学的タームが隠されているかを楽しんでください。
(1月16日読了)

蓮杖那智シリーズ過去の2作品

凶笑面



北森 鴻著




触身仏



北森 鴻著


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月09日

波状攻撃三連射!

いま、批評の最先端はどうなっているのか?
ホスト役の東浩紀が弟分(?)鈴木謙介を従えて、宮台真司・北田暁大・大澤真幸という、批評界をリードする3人の社会学者と鼎談を繰り広げます。社会学者がいまを語るということは、そのまま自らの立ち位置を語るということでもあります。



波状言論S改

・宮台真司+鈴木謙介+東浩紀
宮台は、現在最も若年層に影響力のある学者と言えます。
オウム事件や援助交際などサブカルチャーを論じて一躍脚光を浴びた彼が、いま「あえて」天皇や亜細亜主義を掲げて政治にコミットメントするのは、果たして転向なのか?・・・
この鼎談は結果的に宮台真司解体白書となっています。宮台の教え子である鈴木が、終始彼を「先生」と呼んでいるのが印象的でした。

・北田暁大+鈴木謙介+東浩紀
北田・鈴木・東の三人は、いずれも1970年代生まれ。管理人と同世代であります。ですから北田の学生時代の話は、とても興味深く読みました。80年代のニューアカデミズムの残光を、追いかけていたそうです。
中心は「自由」をめぐる議論です。自由主義には、他人に迷惑を掛けない限り何をしても良いとするリバタリアニズムと、公共性も重視するリベラリズムの二種類があります。三人は、情報技術を背景にした監視社会が、リバタリアニズムと親和的であることに危惧を表明しています。実は私、心情的にはリバタリアンなのですが、現実社会の制度としてはリベラリズムであるべきと考えます。
また、ブログについての話題もありますよ。

・大澤真幸+鈴木謙介+東浩紀
大澤は、宮台と並んで名の知れた社会学者で、大学院時代からの同僚であり、友人であり、ライバルともいえます。大澤は、サブカルから政治にシフトした宮台に対し、なんとなく冷淡です。
自由と監視社会の問題についても、リバタリアニズムについて本気で考えたことはないと言い切る、大澤の語り口は淡々としています。

すべての鼎談を通して宮台真司が語られるのは、やはり批評界が未だ彼の一人勝ち状態だからなのでしょう。
(1月9日読了)

posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 22:04| Comment(6) | TrackBack(0) | 社会・思想交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月04日

天皇家は渡来王朝か?

今上陛下が数年前、桓武天皇の生母・高野新笠が百済出身であることに触れられ、皇室と韓国のゆかりについて語られたことが話題となりました。
しかし、一国の王族が近隣国の者と婚姻関係を結ぶことは、なんら珍しいことではありません。また、太古より日本列島には海流に乗って様々な民族がやって来たでしょうし、歴史上活躍した渡来人は数多くいます。純粋な縄文人の末裔でなければ日本人でないというのなら、そんな人は現在この国にどれだけいらっしゃるのでしょうか。



戦後、江上波夫の騎馬民族征服王朝説が学会を揺るがしました。しかしながら、今のところそれを実証するには至っていません。果たして天皇家のルーツは、渡来人による征服王朝なのでしょうか?
日本書記には、意富加羅国(伽耶)王子ツヌガアラシトの来日説話があります。一方、古事記には新羅王子アメノヒボコ来日説話があり、ツヌガアラシトとアメノヒボコは同一人物との説があります。関は、アメノヒボコの渡来ルートに、古代の鉄の流通ルートを見ます。
関の説を乱暴に簡略化すると、ヤマト朝廷の成立過程は、鉄をめぐっての政界再編劇です。アメノヒボコと神功皇后は、ヤマト勢力を代表し、北九州の邪馬台国(ヒミコ)を征服。さらにヒミコの後継女王とされるトヨを、神功皇后と同一人物であるとします。そしてアメノヒボコと神功皇后の子が応神天皇であり、応神天皇はヤマトへ東遷。これが神武東征神話のモデルです(・・・な、なんだって?!)。
アメノヒボコとは、鉄を求めて朝鮮半島へ渡り、再び日本へ戻ってきた人物・・・つまり関は、皇室の祖先は海峡を往還したとのアクロバチックな説を採るのです。
アメノヒボコゆかりの但馬地方で、古代の製鉄遺跡が発掘されれば、関の説に大きくプラスとなりますが・・・
(1月4日読了)
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 22:28| Comment(6) | TrackBack(0) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月03日

Firefly

私の新本格との出会いは、麻耶雄嵩からでした。
島田荘司らの推薦を受けたデビュー作『翼ある闇』。麻耶を許容できるかどうかが、当時のミステリ読者の嗜好の分かれ目だったと思います(その後は清涼院流水、現在は西尾維新がボーダーラインでしょうか?)。
京都府の外れにある人里離れた洋館と、複雑な血縁をもつ一族の悲劇。この二つが麻耶の持ち味でしょう。


蛍





麻耶 雄嵩著




音楽家・加賀蛍司の邸宅だった、京都府の山奥にあるファイヤフライ(蛍)館。十年前、ここで加賀は楽団のメンバー六名を惨殺し、自らも逮捕後に衰弱死しました。また、もう一人の楽団員・小松響子は今も行方不明です。
大学のオカルトサークルが、肝試し合宿にファイヤフライ館を訪れます。館は現在、サークルOBの佐世保左内が所有しています。
一夜明けて、館主の佐世保が他殺体で見つかります。集中豪雨で、館と下界を結ぶ一本の橋は冠水しており、電話回線も切断されていました。携帯電話も圏外です。
犯人はサークルのメンバーの中にいるのか?
それとも行方不明の小松響子なのか?
あるいは阪神地方で連続殺人事件を起こしている“ジョージ”の仕業か?
大学生たちの犯人探しが始まります。

なお、本作には麻耶作品でおなじみの奇人銘探偵(名探偵の誤字ではありません)メルカトル鮎は登場しません!

(1月3日読了)
ラベル:麻耶雄嵩
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

音楽は、宇宙なり。

『音楽入門』!
この一冊で音楽のすべてが判るかのような、ストレートなタイトルに惹かれました。

北沢方邦音楽入門



北沢 方邦著


プロフィールによると、著者は構造人類学および音楽社会学の研究者で、音楽とは本来、民族の宇宙観の表現であるとして、音楽の歴史を語ります。
例えばパプア・ニューギニアのスリット・ドラム(丸太をくりぬいた打楽器)と竹笛は、前者が地、後者が天の象徴です。古代中国雅楽でも、石の楽器は天を、青銅製の鐘は地を意味します。また、中国の青銅器技術は、東南アジアでガムラン音楽を生みました。
西洋音楽のルーツはイスラム文明、それもイスラム神秘主義(スーフィズム)にあります。イスラム正統派は、快楽を刺激するとして芸術を禁じていましたから。
数々の名作曲家を生んだ西洋近代音楽は「宇宙の音楽」に対する「人間の音楽」と言えます。それでも、モーツァルトの『魔笛』やベートーベンの『第九(歓喜の歌)』は、フリーメーソンの宇宙観や世界市民思想を表したものだそうです。
また、ベルリオーズはフランス七月革命と共に生き、リストはハンガリー、ショパンはポーランド、ヴェルディはイタリアの民族運動と深く係わっています。こうした背景を知ると、音楽の授業はもっと楽しくなりますね。

北沢は、世界の多様な音楽を知ることを通しての異文化理解を、強く願っています。
(1月2日読了)
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 16:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 芸術・娯楽交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月01日

謹賀新年

謹んで新年のお慶びを申し上げます。
お蔭様で『不純文學交遊録』は、一周年を迎えました。
気まぐれな更新にもかかわらず、多数の方々のご来訪を賜り、誠に有り難うございました。皆様のBLOGにも、昨年以上にお伺いできればと思います。

新年を迎え、本家『不純文學交遊界』をリニューアルし、『2005年・記憶に残るこの一冊』をアップいたしました。

平成18年元旦 『不純文學交遊録』管理人

posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 14:34| Comment(8) | TrackBack(0) | 不純総合研究所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。