2006年01月09日

波状攻撃三連射!

いま、批評の最先端はどうなっているのか?
ホスト役の東浩紀が弟分(?)鈴木謙介を従えて、宮台真司・北田暁大・大澤真幸という、批評界をリードする3人の社会学者と鼎談を繰り広げます。社会学者がいまを語るということは、そのまま自らの立ち位置を語るということでもあります。



波状言論S改

・宮台真司+鈴木謙介+東浩紀
宮台は、現在最も若年層に影響力のある学者と言えます。
オウム事件や援助交際などサブカルチャーを論じて一躍脚光を浴びた彼が、いま「あえて」天皇や亜細亜主義を掲げて政治にコミットメントするのは、果たして転向なのか?・・・
この鼎談は結果的に宮台真司解体白書となっています。宮台の教え子である鈴木が、終始彼を「先生」と呼んでいるのが印象的でした。

・北田暁大+鈴木謙介+東浩紀
北田・鈴木・東の三人は、いずれも1970年代生まれ。管理人と同世代であります。ですから北田の学生時代の話は、とても興味深く読みました。80年代のニューアカデミズムの残光を、追いかけていたそうです。
中心は「自由」をめぐる議論です。自由主義には、他人に迷惑を掛けない限り何をしても良いとするリバタリアニズムと、公共性も重視するリベラリズムの二種類があります。三人は、情報技術を背景にした監視社会が、リバタリアニズムと親和的であることに危惧を表明しています。実は私、心情的にはリバタリアンなのですが、現実社会の制度としてはリベラリズムであるべきと考えます。
また、ブログについての話題もありますよ。

・大澤真幸+鈴木謙介+東浩紀
大澤は、宮台と並んで名の知れた社会学者で、大学院時代からの同僚であり、友人であり、ライバルともいえます。大澤は、サブカルから政治にシフトした宮台に対し、なんとなく冷淡です。
自由と監視社会の問題についても、リバタリアニズムについて本気で考えたことはないと言い切る、大澤の語り口は淡々としています。

すべての鼎談を通して宮台真司が語られるのは、やはり批評界が未だ彼の一人勝ち状態だからなのでしょう。
(1月9日読了)



posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 22:04| Comment(6) | TrackBack(0) | 社会・思想交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。