2006年02月22日

情報と生命と聖性と

みなさんには「この分野の本を読むなら、この著者で」という人はいませんか?
私の場合、IT(情報技術)分野はいつも、西垣通を読んでいます。


情報学的転回

西垣 通著



西垣通はエンジニア出身でありながら、情報と社会・文化の関わりについての著書を数多く手掛け、近年は小説も発表しています。本書は、彼の提唱する情報学のあり方を語り下ろしたもので、彼が文系の知と理系の知を横断する思考に至った経歴も明らかにされる、興味深い一冊です。

情報とは何かと聞かれて、0か1かでデジタル処理されるものと答える方が多いのではないかと思います。しかし、それは最も狭義の情報の定義であり、西垣は、情報とは生命的なものだと言います。
世界の根源的な要素である、物質とエネルギーと情報。前二者は宇宙の創生から存在しましたが、情報は生命の誕生とともに生まれました。実体のある前二者に対し、情報とは生命と対象との関係性から生まれるものです。

IT文明の根底には、ユダヤ=キリスト教の一神教的世界観があります。神が生物を創ったとする一神教的世界観が矮小化されると、生物を機械とみなし、人間をもロボットとみなす危惧をはらんでいます。
ユダヤ=キリスト教文明の産物である近代合理主義を、表層の実利的な部分だけを取り入れ、一方で自国の伝統的価値観は形骸化してしまった、無宗教国・日本。過当な競争は、中高年の自殺、ニート化する若者などを生み出しました。人間をIT文明の奴隷から解放するために・・・西垣は、人知を超えた聖なるもの=聖性を取り戻すことの必要を訴えます。
IT文明の本家・アメリカは、キリスト教が生活に根ざした、実は宗教的な国です。

ユダヤ=キリスト教を相対化しうる思想として、西垣は古代インド哲学に期待します。生物を神の創造物として外側から眺める前者の生命観に対し、後者は生命は自己創出するという最新の生命観=オートポイエーシスと共鳴するというのです。
古代インド哲学云々・・・は、正直よく判りませんでした。しかし、彼の学問といいますか、知のあり方に対する態度には非常に共感いたしました。

(2月20日読了)


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 00:23| Comment(10) | TrackBack(1) | 科学技術交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

公正・中立ってなあに?

私が森達也を知ったのは『放送禁止歌』です。この世には放送禁止歌なるものがあり、反体制的とか部落差別問題に抵触する等の理由から放送できないとされていましたが、実際にそれらの歌を放送禁止とする規制や圧力などは存在しなかったことを明らかにしました。


世界と僕たちの、未来のために


森 達也著 / 綿井 健陽〔ほか述〕


森は、オウム真理教を取材した映画『A』および『A2』の監督として知られています。彼はオウムや部落解放同盟にどうやってカメラを入れたのかとよく質問されますが、単に「撮ってもいいですか」と聞いたらすんなりOKが出ただけであり、オウムや解放同盟を、異質なものとして排除したり、端から恐ろしいものと決め付けて取材の対象としない、メディアの事なかれ主義に異を唱えます。
また、メディア(特にテレビ)の公正・中立・客観とは何なのかと、疑問を呈します。森はドキュメンタリー映画を撮っていますが、主観なきドキュメンタリーなどないと言います。ドキュメンタリーは単なる事実の記録ではありません。観測することが観測結果に影響を及ぼすとする量子力学と同じで、カメラを回す行為自体が目の前の事象に対する干渉です。
そんな姿勢で、森は31人と25の対談・鼎談を繰り広げます。
登場するのは、綿井健陽、田原総一朗、大澤真幸・長谷正人、宮崎学・安田好弘、田丸美寿々・島田裕巳、北田暁大、土屋敏男(日本テレビプロデューサー)、水道橋博士(浅草キッド)、是枝裕和、原一男、矢崎泰久、宮沢章夫、伊藤公雄、小室等、中川敬(ソウル・フラワー・ユニオン)、斎藤貴男、松本智量、岡田幹治、鵜飼哲、菊田幸一、姜尚中、竹熊健太郎、朴慶南・深津真澄、野中章弘・吉見俊哉、重松清、鴻上尚史。
錚々たるメンバーです。どなたが読んでも、誰か一人は知っている人がいるはず。同じ話題が繰り返し出てきますが、そこは我慢しながら読みましょう(笑)。

森は憲法をテーマとしたシリーズ番組で、第一条=天皇のドキュメンタリーを撮りたいと構想していましたが、テレビ局側の配慮(?)によって企画倒れとなったようです。
(2月19日読了)
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:51| Comment(4) | TrackBack(0) | 社会・思想交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モノとココロ

紙や木や粘土などで色々なものを作った、小学校の図画工作の時間。またプライベートでも、プラモデルやジグソーパズルを作った経験のある方は多いと思います。
そんなモノ作りを楽しんだ、子供のココロに帰ることが出来る一冊です。



作家であり、大学の工学部助教授でもある森博嗣は、工作好きでも知られ、自宅の庭には自作のミニチュア鉄道が走っています。そして彼のガレージは書斎でもあり作業場でもあり、そこには愛車とともに、工作道具や模型のコレクションがズラリと並んでいます。
パソコン(Mac)にはじまって、手回しの計算機やスライド映写機、天秤、万力など。紹介される道具たちの多くは実際に彼が使っているものではなく、大学の粗大ゴミ置き場で拾ってきた、年代モノばかり。しかし、それらの古道具たちには、機能や材質をそのままカタチにした、素朴な美しさと重厚さがあります。
カラフルな道具や模型などの写真の数々は、すべて森自身がデジタルカメラで撮影したものです。そしてモノたちに触発されて書かれたエッセイが、デザインとは何かエコロジーとは何か進歩とは何かを考えさせてくれます。
私などは、写真を見ているだけで癒されてしまいました。森はエンジンが大好きだそうですが、私も蒸気エンジンの模型が動いている姿を、是非見てみたいものです。
(2月13日読了)

この本の舞台となった森家のガレージ建設の過程が、また面白いんですよね↓

アンチ・ハウス


森 博嗣著 / 阿竹 克人著

posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸術・娯楽交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

M2+K、沖縄を語る。

宮台真司宮崎哲弥による、M2対談の第四弾。月刊誌『サイゾー』の連載を、2004年9月号から2005年10月号まで再構成して収録しています。


M2:思考のロバストネス


宮台 真司著 / 宮崎 哲弥著



まずは、宮崎のまえがきが面白いです。評論家である自分を、思想家でも学者でも言論人でもなく、タレント・芸人であると宣言しています(当blogも書評ではなく、単なる交遊した本の紹介、備忘録です)。
さて、対談の内容です。第一章は、ブッシュ政権や靖国問題などの国際・外交問題。第二章は、昨年の郵政解散までの小泉政権を中心とした、国内ニュースについてです。
いま話題の、小泉改革の影の部分=格差の問題について、M2は「階層社会のどこが悪い!」と挑発します。世の中には「創意工夫の必要な仕事」と「創意工夫の不要なマニュアルに従う仕事」があり、要は、学力競争において早めに自分の能力を見極めることが、本人の幸せと教育問題の解決になるというのです。
途中、宮台の新婚旅行にも触れます。沖縄県与那国島の海底遺跡(らしきもの)や、愛知県の巨石信仰の残る神社を訪れた、宮台。実は、ちょっとトンデモ系の古代史が大好きなんだとか(私と同じではないか・・・)。
本書の読みどころは、第三章。『新ゴーマニズム宣言』で沖縄論を展開する、小林よしのりをゲストに迎えます。
沖縄と言えば、亜熱帯気候の豊かな自然と独特の文化、あるいは太平洋戦争で唯一地上戦の舞台となった悲劇の地、というイメージが一般的でしょうか。
米軍基地問題をかかえる沖縄は、しばしば「本土の犠牲」と呼ばれます。しかし実態はそう単純ではないようです。沖縄の経済は、米軍基地と本土からの公共事業に依存しています。また、数多くの島々から成り立っているため、古来より島同士の利害対立もあります。
基地問題の先には当然、日米安全保障条約の存在があります。
沖縄は、日本を取り巻くあらゆる課題の縮図なのです。
(2月11日読了)

M2既刊

M2われらの時代に

宮台 真司著 / 宮崎 哲弥著



ニッポン問題。

宮台 真司著 / 宮崎 哲弥著



エイリアンズ


宮台 真司著 / 宮崎 哲弥著

posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 02:59| Comment(4) | TrackBack(2) | 政治・経済交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

暴走するタンパク質

BSE問題で停止されていた、米国産牛肉の輸入が再開されたのが、昨年12月16日。ところがわずか一ヵ月後の1月20日、特定危険部位の脊柱が混入していることが判明し、再び輸入停止処置がとられています。
BSEの原因とされているのが、プリオン。このプリオンとは何者なのか、おさらいしてみることにしました。


BSEとは牛海綿状脳症bovine spongiform encephalopathy)の略です。これまでBSEは狂牛病と呼ばれていましたが、ウシが狂ってしまうわけではないですし、不気味さばかりが強調される狂牛病の呼称を、著者・山内は全廃を強く訴えています。
BSEは1986年、イギリスで初めて確認されました。BSEに冒されたウシは脚がふらついて転倒し、脳にはスポンジ状の空胞が多数出来ていました。
同様の病気は、ヒツジでは古くから知られており、スクレイピーと呼ばれています。
海綿状脳症は、人間でも発症しています。最もよく知られているのは、クロイツフェルト・ヤコブ病(CDJ)です。
これらの海綿状脳症は、ウイルスでも細菌でもなく、異常なタンパク質によってもたらされていると考えられるようになってきました。プリオンとは、感染性タンパク質粒子(proteinaceous infectious particle)の略です。
BSEは、スクレイピーを発症したヒツジの肉が、餌としてウシに与えられたことに由来しているようです。ウシに肉骨粉を与えることが禁止されてから、BSEの発症は激減しています。
本書は、未知の病・プリオン病に挑んだ科学者たちのドキュメンタリーとして、非常に読み応えがあります。しかし、そもそも自己のタンパク質が、なぜ異常プリオンに変わるのか。残念ながらその起源は、読み終えても判りませんでした。
アルツハイマー病、パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症なども、自己のタンパク質の構造変化で起きている可能性があるそうです。まだまだ謎の多いプリオンの研究が進むことで、これらの難病の解明や治療につながることを願います。
(2月5日読了)
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 21:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 自然科学交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。