2006年02月13日

M2+K、沖縄を語る。

宮台真司宮崎哲弥による、M2対談の第四弾。月刊誌『サイゾー』の連載を、2004年9月号から2005年10月号まで再構成して収録しています。


M2:思考のロバストネス


宮台 真司著 / 宮崎 哲弥著



まずは、宮崎のまえがきが面白いです。評論家である自分を、思想家でも学者でも言論人でもなく、タレント・芸人であると宣言しています(当blogも書評ではなく、単なる交遊した本の紹介、備忘録です)。
さて、対談の内容です。第一章は、ブッシュ政権や靖国問題などの国際・外交問題。第二章は、昨年の郵政解散までの小泉政権を中心とした、国内ニュースについてです。
いま話題の、小泉改革の影の部分=格差の問題について、M2は「階層社会のどこが悪い!」と挑発します。世の中には「創意工夫の必要な仕事」と「創意工夫の不要なマニュアルに従う仕事」があり、要は、学力競争において早めに自分の能力を見極めることが、本人の幸せと教育問題の解決になるというのです。
途中、宮台の新婚旅行にも触れます。沖縄県与那国島の海底遺跡(らしきもの)や、愛知県の巨石信仰の残る神社を訪れた、宮台。実は、ちょっとトンデモ系の古代史が大好きなんだとか(私と同じではないか・・・)。
本書の読みどころは、第三章。『新ゴーマニズム宣言』で沖縄論を展開する、小林よしのりをゲストに迎えます。
沖縄と言えば、亜熱帯気候の豊かな自然と独特の文化、あるいは太平洋戦争で唯一地上戦の舞台となった悲劇の地、というイメージが一般的でしょうか。
米軍基地問題をかかえる沖縄は、しばしば「本土の犠牲」と呼ばれます。しかし実態はそう単純ではないようです。沖縄の経済は、米軍基地と本土からの公共事業に依存しています。また、数多くの島々から成り立っているため、古来より島同士の利害対立もあります。
基地問題の先には当然、日米安全保障条約の存在があります。
沖縄は、日本を取り巻くあらゆる課題の縮図なのです。
(2月11日読了)

M2既刊

M2われらの時代に

宮台 真司著 / 宮崎 哲弥著



ニッポン問題。

宮台 真司著 / 宮崎 哲弥著



エイリアンズ


宮台 真司著 / 宮崎 哲弥著



posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 02:59| Comment(4) | TrackBack(2) | 政治・経済交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。