2006年03月05日

キリスト・コード

世界的ベストセラーとなった、ダン・ブラウンの小説『ダ・ヴィンチ・コード』。映画化が決定し、最近では盗作問題が浮上するなど、相変わらず話題を呼んでいます。
ティム・ウォレス=マーフィーの著作もまた、『ダヴィンチ・コード』に計り知れない材料を提供しているそうです。


シンボル・コードの秘密


ティム・ウォレス=マーフィー著 / 大山 晶訳


聖杯伝説、テンプル騎士団、フリーメーソン、黒い聖母・・・
異端という言葉には、人々の好奇心を刺激して止まないものがあります。聖書の記述や聖堂建築・宗教絵画には、一体どのようなメッセージが隠されているのでしょうか。
以下、私が面白いと思ったキリスト教異説をご紹介します。

・旧約聖書の出エジプト記(映画『十戒』の海が割れるシーンで有名)に登場する、預言者モーセ。彼は、世界最初の一神教者とされる古代エジプト王アクエンアテン(またの名をアメンヘテプ4世、イクナートン)と同一人物である。

・聖母マリアの処女懐胎は、キリスト教のオリジナルではない。民衆への布教過程で、ギリシャ神話など異教の要素を取り入れた。

・キリストことナザレのイエスは、マグダラのマリアと正式に結婚していた。聖書の記述にはイエス自身の挙式と思われる描写がある。

・イエスは、ローマによって扇動罪で処刑された。ユダヤ教を冒涜した罪で、ユダヤ人によって処刑されたのではない。磔刑はローマの刑罰であり、ユダヤの処刑は投石刑である。また、イエスはユダヤ教に忠実であった。

・聖地エルサレムを守護する目的で結成されたテンプル騎士団。彼らは単なる軍事組織ではなく、ヨーロッパから中東にまたがる広範囲で農場経営や金融業を営み、現在の多国籍企業の先駆けとも言える存在だった。

中世ヨーロッパでは、文字を読み書きできるのは聖職者だけで、皇帝ですら自分の署名をするのがやっとでした。つまり、知識は教会が独占していたのです。
オカルトとは本来、隠された知を意味します。
教会を介さずに神を礼拝し、知識を得ること・・・それがすなわち異端だったのでしょう。
(3月5日読了)


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:57| Comment(6) | TrackBack(0) | 芸術・娯楽交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。