2006年03月21日

自然界の匠たち

バイオミミクリー(biomimicry)という言葉があるそうです。バイオ=生物、ミミック=模倣からの合成語で、自然の叡智に学んだものづくりのことです。
資源の枯渇、大量の廃棄物、化学物質の人体への影響など、環境・エネルギー問題は人類が文明を継続していくうえで避けて通れない課題です。
自然エネルギーの利用、自然に分解される素材といった、自然のサイクルや生物のメカニズムに学んだ技術開発が、各分野で進められています。


地球上で最も繁栄している生物は、なんといっても昆虫です。空に地中に水中に、あらゆる場所に生息しています。
カイコの生み出すシルクや、クモ(正しくは昆虫ではありませんが)の糸は、どんな人工繊維にも勝るハイテク繊維です。カイコは繊維の原料となるだけでなく、フィブロイン、セリシンという純度の高いタンパク質を生み出し、医療分野への応用も期待できます。
タマムシやモルフォチョウの羽は、光の当たり具合によって様々に色が変化し、構造色と呼ばれます。この仕組みを応用した繊維や塗料が生まれています。
コオロギの行動の研究は、人間の行動の研究にも影響を与えるかもしれません。コオロギは闘争本能の強い昆虫ですが、相手を傷つけることはありません。しかし、集団と隔離して育てられたコオロギは、相手構わず攻撃を仕掛け、ついには殺してしまいます。隔離コオロギにはセロトニンなどの生体アミンが明らかに少なく、生物の攻撃性との関わりが研究されています。

昆虫以外にも、植物や微生物に学んだ新素材、新技術の数々が本書には紹介されています。科学って素晴らしい!
そして、ニッポンのものづくりの未来は明るい!

(3月21日読了)


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学技術交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

UFOは、不安な空を飛ぶ。

「空飛ぶ円盤」が最初に目撃されたのは、1947年。アメリカのケネス・アーノルドという人が飛行機を操縦中に、9つに連なるブーメラン型の飛行物体に遭遇しました。
以後、未確認飛行物体=UFOの目撃談が全米、さらには全世界で相次ぐようになります。


UFOの目撃談は、歳月とともに進化します。
当初、謎の飛行物体はアメリカまたはソビエトの秘密兵器だと考えられました。
それが宇宙からやってきた異星人の乗り物だと言われるようになります。そして米政府は、異星人の存在を知りながら世間に対しては隠蔽しているのだと。
さらに、異星人は家畜を殺戮したり、人間を誘拐して生体実験を行っているとされ、米軍はUFOの技術を応用した新兵器の実験を繰り返しているという、陰謀説に発展しました。
また異星人の姿も、当初は有名なコンタクティ・アダムスキーが出会ったという金髪の白人から、小柄で灰色の肌をもつグレイと呼ばれるものに変貌していきます。
こうした壮大な都市伝説=UFO神話が誕生し、進化していった過程には、明らかな流行があるというのが本書のテーマです。

UFOが当初、未知の兵器とされたのは、明らかに米ソ冷戦を背景としています。
現在、アーノルドが目撃した謎の飛行物体の正体は、当時アメリカで極秘に研究されていた軍事用の気球だと考えられています。また、アーノルド事件の二週間後に発生した、有名なロズウェル事件で回収された墜落物も同様です。
UFOの着陸痕からは強力な放射能が検出されるといった話も、核の脅威から生まれたものでしょう。
その後に生まれた、異星人による誘拐や生体実験の話は、バイオテクノロジーの発展に対する不安だと考えられます。

1995年に公開された捏造映像「宇宙人解剖フィルム」は、半世紀に及ぶUFO神話の幕引きとなりました。UFOに代わるように現れたのは、超高速で空中を飛行するUMA(未確認生物)、スカイフィッシュです。スカイフィッシュは、ビデオ映像のなかだけに生息します。
UFO神話の誕生と進化は、アメリカという大国の不安を背景にしていました。
どうやら21世紀の不安は、電子テクノロジーが蔓延する社会にあるようです。
(3月20日読了)
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 18:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・思想交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。