2006年04月03日

ハイブリッドは世界を制すか

アカデミー賞の授賞式に、プリウスに乗って駆けつけるハリウッドスター達。
おなじみとなったこの光景、実は環境保護団体のグローバルグリーンが仕掛けたものです。アメリカでハイブリッド車を販売する全メーカー(トヨタ・ホンダ・フォード)に声を掛けたところ、トヨタのみが興味を示し、結果として絶大な広告効果となりました。

高い環境イメージに加え、折からの原油高騰は、アメリカ市場でのプリウスの大ヒットをもたらしました。では、ハイブリッド車は次世代自動車の決定打なのでしょうか・・・
究極のクリーンエネルギー車は、水素と酸素を反応させて発電し、水しか排出しない燃料電池車であるとされています。
ヨーロッパでは、日本では絶滅状態にあるディーゼル乗用車が、省燃費と高出力で高い評価を得ています。
バイオマス燃料やGTL(ガス・ツー・リキッド)も研究されており、多様な燃料に対応できる、ガソリンとディーゼルの中間のような融合型エンジンHCCIは、全世界の自動車メーカーが開発を競っています。
また、環境問題を総合的に考えると、クルマの燃費だけでなく、燃料の製造からクルマに至るWELL TO WHEEL(油井から車輪まで)の視点も重要です。そうなると、水素製造時のCO2排出や、バイオマス燃料製造による森林破壊といった問題も無視できません。
トヨタはハイブリッドシステムを、どんな動力源であっても対応できる駆動システムとして考えているようです。現時点での理想の未来カーは、融合型エンジン・ハイブリッド車でしょう。

GM(ゼネラル・モータース)が、生産台数世界一の座をトヨタグループ(ダイハツ、日野を含む)に明け渡す日が近いと言われています。
著者はトヨタの強さを、尊敬される企業であることと言います。それは環境問題への取り組みに加え、米国工場での長期安定雇用の実現です。
でも日本のクルマ好きの間では、トヨタはそれほど尊敬されていないが気します。プリウス、レクサスLS(セルシオ)という世界に冠たる車種がある一方、国内ではウィッシュのようなパクリ車を平気で市場に送りだすからでしょうか・・・?

(4月3日読了)

≪不純文學交遊録・過去記事≫
未来予想図
リコール!その時あなたは…


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 20:04| Comment(16) | TrackBack(5) | 科学技術交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。