2006年05月07日

マイ脳リティ・リポート

映画『マイノリティ・リポート』では、犯罪を意図しただけの者が未然に逮捕されてしまう未来社会が描かれていました。
最新の脳神経科学は、そんなSFを現実のものとするかもしれません。

脳のなかの倫理



マイケル・S.ガザニガ〔著〕 / 梶山 あゆみ訳



ヒトは、見聞きしたことがあるものに接すると、P300と呼ばれる脳波に変化が生じます。犯人しか知りえない事物を撮った写真を見せると、容疑者の脳は強く反応するはずです…このSFのような技術は脳指紋法といいます。
もちろん、この方法に問題が無いわけではありません。メディアが発達した現在、犯人だけが知りえて一般人が見たことのない映像を探し出すのは困難です。また、脳波の記録からその人の思考について筋書きを作るべきではありません。

ガザニガは言います。脳神経科学が読むのは脳であって心ではない

前述の思想信条に関わる問題以外にも、本書は最新の脳神経科学の知見が豊富です。
胚あるいは胎児はいつからヒトとして認められるのかという生命倫理の基本的な問題に始まり、より良い遺伝子を選んで生まれたデザイナーズベイビーは高い知能を持ちうるのか、薬で脳を賢くすることは可能かといった人体改造の問題、脳と宗教体験の関係にも触れられています。

人間は原子爆弾を作ったがそれを二度と使わない決意も固めた、人間が生まれながらにもつ道徳観・倫理観が行き過ぎを止める…と、楽観的すぎないかと思える記述も散見しますが、著者はこの本は脳倫理学という新しい分野を議論するための「叩き台」であるとしています。
タイトルから想像される「脳倫理学はかくあるべき」という強い主張は、さほど感じられません。答えは科学者まかせでなく一人一人が考えよう、ガザニガはそう訴えているようです。

(5月7日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
ないものがあり、あるものがない?!


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 21:40| Comment(14) | TrackBack(1) | 自然科学交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。