2006年05月21日

モナリザ・コード

タテ77cm×ヨコ53cm。この小さな一枚の絵は、世界最高の名画と呼ばれています。
レオナルド・ダ・ヴィンチ作『モナ・リザ

名画の条件とはなんでしょう?
見る者を圧倒するスケールの大きな絵や、技術的に優れた絵は世に数多くあります。題材が名画の条件なら、神話や聖書のシーンを描いた作品、歴史上の重要な事件を描いた作品こそが相応しいでしょう。たかが一人物の肖像画が、何故これほどもてはやされるのか…常識を疑うのが好きな私は疑問に思います。
あるいは、作者が偉大だから名画なのでしょうか?
万能の天才レオナルドは、ルネサンスいや世界史を代表する芸術家です。文句の付けようがありません。しかし私には、職業画家としては疑問符を付けたい点もあります。
レオナルドの現存する絵画は、二十点弱。作品数が画家の優劣を決めるものではありませんが、未完成で投げ出した作品が多い人です。絵画よりもデッサンにこそ、レオナルドの真髄があるとの意見もあります。
技術的にも問題があります。『モナ・リザ』と並んで有名な『最後の晩餐』ですが、こちらは当時の壁画の主流であるフレスコ(速乾性)ではなく、定着性が悪く壁画には向かないテンペラ(遅乾性)を用いています。そのため完成直後から、剥落が始まっているのです。


モナ・リザの罠



西岡 文彦著



『モナ・リザ』をめぐる美術批評を超越した言説、それはウォルター・ペイターという人の文章から始まっているそうです。以降、ペイター抜きに『モナ・リザ』を語れなくなってしまいました。まさに「モナ・リザの罠」です。
では『モナ・リザ』の名声は、ペイターによって水増しされているのかというと、そうでもありません。
見るものに謎掛けするような不思議な微笑み
画面に筆跡を残さないスフマートという技法
地質学的素養の深さを示す背景のリアルな地形
やはり『モナ・リザ』が名画であることに変わりはありません。

そういえば『モナ・リザ』の背景って、不思議ですね。
なぜ彼女は、荒野の中に一人ぽつんといるのでしょう。しかもその背景は、本書の指摘で初めて知ったのですが、上下左右に4つの異なる風景を描いています。
それから絵の両端が切断されているとの疑惑。過去の『モナ・リザ』の模写には、両端に柱が描かれているのです。ルーブル美術館の検定結果はモナ・リザの切断痕を否定していますが、著者は複数の模写の存在から切断説を支持しています。
しかし何よりも『モナ・リザ』最大のミステリーは、記録魔・メモ魔であったレオナルドの手記に『モナ・リザ』に関する記述が一行も無いことです。ただ、現存する手記は全体の4割だそうなので、驚くような発見が今後あるかもしれません。

あわせてこちらも読んでみました。


レオナルド・ダ・ヴィンチ芸術と科学


カルロ・ペドレッティ〔ほか〕著 /
ラーン・大原三恵訳 / 小林 明子訳 / 前田 富士男監修・監訳


絵画、機械のデッサン、人体解剖図までカラー写真で見ることができます。

(5月15日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
キリスト・コード


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 18:44| Comment(17) | TrackBack(1) | 芸術・娯楽交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。