2006年06月26日

ノブレス・オブリージュ

終戦直後まで、現在の皇族以外に11の宮家があったのをご存知でしょうか。
GHQの占領政策により皇族の範囲が狭められ、昭和天皇の直系とご兄弟の宮家を除く、すべての皇族が臣籍降下、すなわち一般人となりました。
その十一宮家のひとつ、旧竹田宮家の出身で明治天皇の玄孫(孫の孫)にあたるのが、竹田恒泰です。



第二次世界大戦中および戦後の混乱期、皇族たちがどのような役割を果たしたのかは、あまり知られていません。

日米開戦を前にした昭和16年9月の御前会議。昭和天皇は明治天皇御製の和歌をお詠みになり、戦争回避の思いを示されました。天皇が政策決定に意思表示をするのは、極めて異例のことです。大日本帝国憲法において、天皇は政府と統帥部の決定を却下することはできませんでした。
しかし、戦争回避を模索していた近衛文麿内閣は総辞職。続く東条英機内閣は日米開戦に踏み切ります。
天皇の弟宮である秩父宮高松宮もまた、戦争回避への強い思いを抱いていました。
病気療養中の兄・秩父宮に代わり、高松宮は天皇に直談判します。しかし天皇は、皇族が政治介入すべきではないとの立場を貫きました。
高松宮は腹心の細川護貞とともに、独裁者となった東条英機の暗殺までも企てていたそうです。実行されていたら、大化の改新の再現!でした。

昭和20年。ポツダム宣言を受諾し、長い戦争に終止符を打った日本。
天皇の代理人として最前線の兵士たちに終戦の詔を伝えるために、朝香宮竹田宮閑院宮の三皇族が、中国・朝鮮半島・東南アジアの戦場へ飛び立ちます。命がけの危険な任務、まさしくノブレス・オブリージュです。
そして東久邇宮は、戦後最初の総理大臣として内閣を組織します。クーデターを阻止し、陸海軍の速やかな武装解除を実現できたのは、皇族首相だからでした。

さて皆さんが気になるのは、著者が皇位継承問題をどう考えているのかでしょう。

皇室には過去三度、断絶の危機がありました。
最初は大和時代。第25代武烈天皇は後継ぎがありませんでした。そこで迎えられたのが第15代応神天皇五世の孫とされる継体天皇です。これを王朝交代とする見方もありますが、継体は武烈の姉妹を皇后に迎えることで血縁を近づけています。
二度目は室町時代、第101代称光天皇の崩御です。この時は傍系の伏見宮家から迎えられた後花園天皇が即位します。
戦前まで存続した十一宮家は、この伏見宮家の系統なのです。
三度目は江戸時代。第118代後桃園天皇が崩御すると、先例に従い傍系の宮家から後嗣を迎えます。閑院宮家出身の光格天皇です。この時も先代の皇女を妃に迎えて血縁を近づけています。

天皇の位は、いずれも男系の皇族が後を継いできました。日本の歴史上、八方十代の女帝がいらっしゃいますが、すべて男系です。そして直系が絶えた場合に備え、血のリレーの伴走者として宮家があります。
竹田の主張する皇位の安定継承策は、宮家の復活です。そして旧宮家の男子は、万が一の際には皇族女性との婚姻と皇位継承の覚悟を持つべきであると。なお、側室制度は現代の社会事情にそぐわないとして否定しています。

天皇家とは、男系の皇族によって王位と祭祀が受け継がれてきた王室のことである。

女系天皇が悪いのではありません。女系の天皇が即位しては、その王室は天皇家ではないということです。

竹田恒泰HP 竹の間

(6月26日読了)

<<不純文學交遊録・過去記事>> 知られざる法典


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 20:17| Comment(65) | TrackBack(1) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

緊急事態!

北朝鮮が、弾道ミサイル「テポドン2号」の発射準備と受け取れる動きを見せています。
アメリカをも射程距離内に収めているとされる、テポドン2号。もしアメリカに向けて発射されても、日本上空を通過することはないでしょう。


北極中心の世界地図を見てみましょう。テポドンがアメリカを狙う場合、最短距離は北極圏を通過するコースです。日本上空はかすりもしません。
地球は丸いのです。この地図を見るだけでも、本書を手に取る価値があります。

兵頭二十八は、この平成の世に軍学者を名乗っています(軍事評論家ではありません)。
彼の主張は、核武装なくして自立した国家とは呼べず、です。
当然ながら日本にも核武装が必要だと説きます。

また、朝鮮半島の一日も早い統一が、日本の利益になるといいます。
統一朝鮮は日本の脅威とはなりえず、むしろ国境を接する中共(本書の記述のままです!)との関係が緊張すると読んでいます。そうなると北京政府は、日本のご機嫌をとらざるを得なくなると。

本書は一問一答形式で、読みやすい構成であります。

日本はなぜ決定不能な国なのか
テロの脅威にどう備えるか
核兵器の実態とは
自衛隊の実力はどの程度か
アメリカのミサイル防衛構想は盤石なのか
石油や食糧は有事に確保できるか

兵頭の主張の当否はともかく、地政学的なモノの見方が身に付く一冊です。
ただ、兵器の名称が頻出するのが、非軍事オタクにはちょっとつらいですね。

(6月19日読了)
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 20:57| Comment(11) | TrackBack(0) | 政治・経済交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

異端の民俗学者たち

壱万円札の肖像でおなじみ福沢諭吉。明治期を代表する思想家であり、慶応義塾を創設した教育家として有名です。

異端の民俗学



礫川 全次著


異端の民俗学…そそられるタイトルですね〜
この本に福沢諭吉は、民俗学者として登場します。

福沢諭吉が民俗学者?…実は福沢の著者『旧藩情』には、彼の出身である豊前中津藩の武士の生活がリアルに描かれているそうです。
中津藩士には上士・下士という確固たる序列がありました。封建的身分制度を批判した彼の名言「門閥制度は親の敵」は、貧しい下士出身である福沢ならではのものです。
しかし幕藩体制下には、下士のさらに下に軽輩という限りなく身分の低い者たちがいました。明治維新の原動力となったのは、この軽輩出身者たちでした。

民俗学の世界に踏み込んでいくと、差別やタブーの問題にぶち当たります。
本書は、日本民俗学の祖・柳田國男が避けてきたとされる領域に果敢に挑んできた、異端の民俗学者たちの評伝です。
なかでも面白い人物が、無用学博士と名乗った尾佐竹猛(おさたけ・たけき)。彼の本業は大審院(今でいう最高裁判所)判事で、その著作は犯罪民俗学ともいうべきユニークなものです。犯罪集団のなかでのみ通じる隠語を集めたり、賭博でイカサマに用いるサイコロについて詳しく報告したりしています。

できれば南方熊楠についても、一章割いて欲しかったです。

(6月13日読了)
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 11:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

半純血のプリンスとは…(下)

前回に引き続き、ハリポタ第6巻のご紹介です。
ネタバレはないように配慮していますが、読み終えるまで全く予備知識を入れたくないという方は、ご注意ください。

ハリー・ポッターと謎のプリンス



J.K.ローリング 作



魔法学校6年生となったハリーは、校長室でダンブルドアの個人教授を受けるようになります。
人の記憶を映像化して追体験できる魔法アイテム、憂いの篩。ダンブルドアは、闇の魔法使いヴォルデモートにまつわる人々の記憶を集め、ハリーとともにヴォルデモートの生い立ちに迫ろうとします。

魔法薬学の授業では、生徒たちは教科書の指示どおりにやっても、誰一人満足な成果をあげられずにいました。しかしハリーが使っている古い教科書の書き込みに従うと、不思議と大成功するのです。その教科書には、元の持ち主らしい“半純血のプリンス”の文字が…

一方、ハリーの同級生で“狡猾な魔法使い”のクラスに属するドラコ・マルフォイは、他の生徒たちの目を盗んで、不審な行動をとるようになります。

謎の人物、プリンス。その正体は、魔法使いとマグル(一般人)との間に生まれたヴォルデモートのことなのか…?
また、新たにR.A.Bなる人物の名が登場します(その正体は第6巻では明かされません)。
第6巻の大部分は、ハリーとダンブルドアの個人授業です。しかし物語は終盤に急展開を見せます。

ハリーとヴォルデモート、最後の戦いは近い…

(6月11日下巻読了)
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 21:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

半純血のプリンスとは…(上)

世界的ベストセラー『ハリー・ポッター』シリーズの第6巻が、先月日本でも刊行されました。
シリーズは全7巻の構成となっており、最終章の原稿は、既に著者ローリングの金庫に仕舞われているそうです。


ハリー・ポッターと謎のプリンス



J.K.ローリング 作



上巻を読了したので、ご紹介。ネタバレは無いようにしているつもりです…

ハリーは16歳、ホグワーツ魔法学校の6年生となりました。
学校には様々な魔法の教科がありますが、闇の魔術に対する防衛術担当の教授は、なぜか毎年変わります。
今年も新しい教授が赴任しました。しかし、新任教授のスラグホーンの担当は、闇の魔術に対する防衛術ではありませんでした。では防衛術の担当教授は一体誰に…?

前巻でホグワーツ校長ダンブルドアにより、復活した闇の魔法使いヴォルデモートに対抗するための組織、不死鳥の騎士団が結成されました。騎士団にはハリーを目の敵にする、スネイプも名を連ねています。しかしスネイプは、どうやら闇の帝王側に通じているようです。

さて第6巻の原題は『Half-Blood Prince』であり、日本語版のタイトルも当初『混血のプリンス』と予告されていましたが、発売間近になって『謎のプリンス』へと変更されました。ローリングはMysterious Princeと翻訳することを許可したそうです。
ハリー・ポッター・シリーズの世界には、魔法族マグル(一般人)という区分が存在し、謎のプリンスはまず、半純血のプリンスという名前で登場します。
混血という言葉は差別的であり用いるべきではないとの配慮でしょうが、私としてはそれ以上に気になることがあります。
ハリー・ポッター・シリーズは、残酷ないじめや暴力シーンのオンパレード。イギリスの子供たちの日常って、こんなにヒドイのか?

(6月5日上巻読了)
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 18:37| Comment(4) | TrackBack(1) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。