2006年06月19日

緊急事態!

北朝鮮が、弾道ミサイル「テポドン2号」の発射準備と受け取れる動きを見せています。
アメリカをも射程距離内に収めているとされる、テポドン2号。もしアメリカに向けて発射されても、日本上空を通過することはないでしょう。


北極中心の世界地図を見てみましょう。テポドンがアメリカを狙う場合、最短距離は北極圏を通過するコースです。日本上空はかすりもしません。
地球は丸いのです。この地図を見るだけでも、本書を手に取る価値があります。

兵頭二十八は、この平成の世に軍学者を名乗っています(軍事評論家ではありません)。
彼の主張は、核武装なくして自立した国家とは呼べず、です。
当然ながら日本にも核武装が必要だと説きます。

また、朝鮮半島の一日も早い統一が、日本の利益になるといいます。
統一朝鮮は日本の脅威とはなりえず、むしろ国境を接する中共(本書の記述のままです!)との関係が緊張すると読んでいます。そうなると北京政府は、日本のご機嫌をとらざるを得なくなると。

本書は一問一答形式で、読みやすい構成であります。

日本はなぜ決定不能な国なのか
テロの脅威にどう備えるか
核兵器の実態とは
自衛隊の実力はどの程度か
アメリカのミサイル防衛構想は盤石なのか
石油や食糧は有事に確保できるか

兵頭の主張の当否はともかく、地政学的なモノの見方が身に付く一冊です。
ただ、兵器の名称が頻出するのが、非軍事オタクにはちょっとつらいですね。

(6月19日読了)


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 20:57| Comment(11) | TrackBack(0) | 政治・経済交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。