2006年07月30日

三種の神器

高田崇史の『QED』シリーズ第11弾。
今回迫る歴史の謎は、日本の秘宝中の秘法・皇位継承の証である三種の神器です。


QED神器封殺



高田 崇史著



舞台は和歌山県。前作 QED-ventus-熊野の残照で訪れた地です。
桑原崇(通称タタル)と棚旗奈々は、学校薬剤師会の旅行で一緒になった神山禮子(みわやま・れいこ)が体調を崩したため、和歌山滞在を延長します。

そのころ和歌山では、病院オーナーが自宅マンションで惨殺されるという事件が発生。被害者・熱田光明は、自らが蒐集していた日本刀で頭と右手首が切断されていました。
この事件を取材している奈々の妹・沙織と、タタルの同級生・小松崎も、和歌山入りします。
取材によると、殺害された熱田は日本刀をコレクションするだけでなく、草薙剣のような古代の刀剣を復元を試みていたようです。そこからタタルによる「三種の神器」談義が始まります。

タタルによれば、三種の神器とは…
八咫鏡(やたのかがみ)
鏡は太陽であり、蛇の眼またはとぐろを巻いた蛇の姿でもある。
祭祀・宗教のシンボルで、天照大神を象徴している。
咫とは古代の単位で16〜18センチ。八咫鏡は円周が140センチ以上(直径なら40センチ以上)もある大鏡だと思われる。
天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)
別名・草薙剣。剣の形状は、蛇の姿そのものである。
剣はもちろん武力を象徴し、素戔嗚尊を表している。
八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)
瓊とは、赤色の美しい玉のことで、勾玉の形状は胎児を象ったもの。
豊穣・医療の神、大国主命を意味する。

また、これらの神宝は被征服民から奪い取ったものです。
神社には禁足地というものがありますが、禁足とは「立入禁止」ではなく「外出禁止」を意味します。つまり禁足地には、征服者側から見れば出てきてほしくない神様、祟り神が祀られているのです。
伊弊諾尊は、日本の国生みの神様であるにもかかわらず皇室には祀られておらず、日本最古の怨霊なんだとか…

旅の途中、禮子の幼なじみで熱田家と親交のある御名形史紋(みなかた・しもん)と出会います。彼は毒草師を名乗る、タタルに負けず劣らずマニアックな青年です。タタルと史紋は、周囲が着いて行けない神社談義を繰り広げます。

病院オーナー殺害事件が解決しないうちに、今度は病院の事務長が毒殺される事件が発生。しかし、毒物を混入した形跡は全く見つからず…これらの事件の犯人については、ミステリなのでここでは書きません。
本書の結末は、袋とじになっています。
ただし、殺人事件の解決編ではありません。三種の神器と神社をめぐる、不思議な法則が書かれています。
読んでからのお楽しみ!

(7月29日読了)


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 18:16| Comment(9) | TrackBack(0) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。