2006年08月27日

日本のメディアは“杉林”

NHK番組改変問題、フジテレビ買収騒動、ファイル交換ソフトウィニーによる相次ぐ情報流出…テレビとインターネットをめぐる数々の事件の裏側には、一体なにが潜んでいるのでしょうか…?
ビデオ・ニュース・ドットコム宮台真司神保哲生が、ネット時代の目利きである東浩紀水越伸西垣通池田信夫をゲストに迎えて、討論を繰り広げます。



ネット社会の未来像

インターネットの普及は、膨大な情報のなかから欲しい情報を誰もが簡単に入手でき、また誰でも自由に情報を発信できる、革命的な事態をもたらしました。
そうした利便性の一方、情報技術の革新は監視社会化を推し進めるとの声もあります。

日本のマスメディアは杉林…そう表現するのは水越伸です。
NHK、5大紙とそれに対応する民放5局(朝日+テレ朝、毎日+TBS、読売+日テレ、産経+フジ、日経+テレビ東京)、さらに広告代理店(電通、博報堂)というメディアの生態系は、国策で作られた人工の杉林のようだといいます。杉林には下草も生えず(新規参入メディアが育たない)、時には花粉症のような害ももたらす、と。

池田信夫は、ファイル交換ソフトウィニーの仕組みを判りやすく解説しています。要はサーバーを介さずに、映像や音楽などが欲しい人のパソコンと持っている人のパソコンを、直結しちゃうんですね(初めて知りました)。
ウィニー騒動では、違法に映画やゲームを頒布した者ばかりでなく、ウィニー開発者が著作権幇助で逮捕されました。また、事件を捜査していた京都府警のパソコンから、ウィニーによって捜査情報が流出するという皮肉な事態も起きました。
ネット時代の著作権はどうあるべきか、技術そのものが罪に問われることは妥当なのか、考えさせられる事件です。

ネット社会の大きな課題(だと思う)のは、ふたつ。
ひとつは、ネット時代のビジネスモデル。テレビは広告代理店と結びつき、CM枠を売ることで高収入を得るというビジネスモデルで成り立っています。それではインターネットでオンデマンド放送となった場合、従来の番組の合い間にCMを流すというビジネスモデルは、果たして成立するのでしょうか。
もうひとつは、ネット時代の権力の在り方です。個人的な快不快のみを行動規範とする動物化した者たちは、アーキテクチュラルな権力(建築的な=東浩紀のいう環境管理型権力)で管理されます。そして、決して裕福ではないが社会に対して具体的な不満を抱いていない「低IQ・非不満層」が、政治家に潜在的な不安を煽られる「不安のポピュリズム」で動員される危険性を指摘しています。
宮台真司はエリート主義者(?)ですから、民草を見下した発言が多いです(笑)。

ネット社会は自由な開かれた社会で、誰もが表現者、誰もが起業家になれるという明るい未来よりは、より監視がすすみ、より均質化されるといった負の側面が露呈されました。しかし西垣通の言うように、IT・インターネットは多大な可能性をもった21世紀の鍵です。
皆さんのブログから(このブログからも?)、21世紀の新しいコミュニティやビジネスモデルが生まれるかもしれません。

(8月25日読了)

<<不純文學交遊録・過去記事>>
2011年、テレビをまだ見てますか


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 15:29| Comment(12) | TrackBack(0) | 社会・思想交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

白いカミサマ

富士山・立山と並ぶ日本三名山のひとつ、白山
石川・福井・岐阜の三県境に跨る霊峰です。

白山信仰の開祖は、奈良時代の僧・泰澄です(実在の人物ではないとの説もあり…)。
白山神社は、加賀国一宮・白山比め神社を筆頭に、全国に三千社以上あると言われます。
白山比め神社の祭神・菊理媛は、日本書紀にたった一度だけ登場する、不思議な神様です。黄泉の国へ赴き、イザナミの変わり果てた姿に驚いて逃げ帰ってきたイザナギの前に現れ、何かを言ったとされるのが菊理媛です。しかも、何と言ったのかは全く伝わっていません。



謎に満ちた白山信仰に挑戦した前田速夫は、元・新潮社の編集者です。
まずは、白山神が渡来神であるとします。
・泰澄の父・越前の三神安角は、渡来系の秦氏の出身であること。
・北陸は大陸交易の玄関口で、越前国敦賀にはツヌガアラシト渡来伝説があり、シラギ(新羅・白城・信露貴)神社が数多くあること。

白山信仰から「白」あるいは「シラ」にまつわる民俗学全般にまで、本書の考察は及びます。
・人魚の肉を食べて不老長寿になったという白比丘尼(八百比丘尼)。
・東北地方に今も祀られるオシラサマ
・沖縄地方の稲の産屋シラ
さらに、東国の白山神社が被差別部落に多く祀られていることを指摘し、天皇そして差別という日本の二大タブーに踏み込んでいます。

著者自身、本書の流儀を「無手勝流」と呼び、民俗学以外の学問や国内外の文学・絵画にまで言及し、脱線ついでに各章末にはコラムを設けるなど、内容は盛りだくさん。
予備知識のない私には、本書の読みどころを巧くまとめられないのが残念です。

(8月20日読了)

【不純文學交遊界】平泉寺白山神社
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 22:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月14日

スーパーサウルスは存在し得ない?!

幕張メッセで開催中の世界の巨大恐竜博2006には、体長33mにもなる史上最大の恐竜スーパーサウルスの全身骨格が展示されています。
スーパーサウルスが巨体を維持するためには、大量の酸素が必要です。しかし12mもの長い首から肺に酸素を送るには、時間がかかります。
スーパーサウルスはどうやって呼吸していたのか?
常識的に考えると、こんな巨大な生物は地球上に存在し得ません。

恐竜VSほ乳類



NHK「恐竜」プロジェクト編 / 小林 快次監修



TVをご覧になった方も多いでしょう。NHKスペシャル『恐竜VSほ乳類』の単行本です。
恐竜はなぜ絶大なる繁栄を遂げたのか。
我々の祖先である哺乳類は、どのように進化したのか。
カラーでわかりやすく解説しています。

スーパーサウルスの巨体を支えた呼吸の秘密は、骨の空洞だと考えられています。
空洞のある骨は含気骨と呼ばれ、恐竜以外では鳥類に見られる特徴です。含気骨は軽いだけでなく、鳥は骨の空洞を利用した気嚢という呼吸システムを持っています。気嚢による高い呼吸効率が、鳥の飛翔を可能にしているのです。
軟組織である気嚢は、化石に残らないので物証は困難ですが、これでスーパーサウルスの呼吸の秘密も解き明かせそうです。
羽毛をもった恐竜が多数存在したことも明らかになっています。
地上最強の生物として名高いティラノサウルスも、子供時代は羽毛をもっていたと考えられるようになってきました。
恐竜が鳥の祖先であるとの説は、ますます有力になってきたようです。

恐竜全盛の時代、哺乳類はどうしていたのでしょうか。
小さく弱々しいネズミのような姿の我々の祖先は、恐竜たちが寝静まった夜に、新天地を見出します。
夜の世界への適応は、聴覚と脳の発達を促しました。
小さな生物は寿命が短いのですが、早い世代交代は進化を加速させます。
恐竜時代は哺乳類不遇の時代ではあるのですが、恐竜という脅威の存在が、哺乳類に様々な適応戦略をとらせることで、のちの繁栄の下準備になったと考えることができます。

羽毛恐竜や初期の鳥類・哺乳類の化石が次々と見つかり、注目されているのが中国の熱河層群です。常識を覆す大発見が、今後も待ち受けているかもしれません。

(8月14日読了)

<<不純文學交遊録・過去記事>> 図鑑の誘惑
ラベル:恐竜
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 21:24| Comment(6) | TrackBack(1) | 自然科学交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界はこうして終わる?

面白い本を発見しました。
世界の終わりは、どのようにしてやってくるのか?
地球最後の日のシナリオを、発生する可能性、発生した場合に文明に与えるダメージ、前二項を踏まえた現実化した場合の総合的な危険度の三つの指標を、レベル0から10で評価するものです。


世界の終焉へのいくつものシナリオ



ジョエル・レヴィ著 / 柴田 譲治訳



世界を終わりに至らしめるシナリオの数々を、大きく五つのジャンルに分けて紹介しています。

T.科学技術の叛乱
研究用のウイルスが外部に漏れて伝染病が世界中に蔓延するパンデミックや、多剤耐性病原菌(スーパーバグ)の出現。

U.戦乱の火種
核兵器の拡散、テロ、大量移民など。次章以降の、食糧・水の不足や気候の異変が、紛争を誘発する可能性もあります。

V.生態系の断末魔
化学物質による大気・水・土壌の汚染、食糧不足や水の枯渇、そして人類の際限なき消費欲望によるエコサイド(生態系破壊)
食糧危機」、「生物多様性の喪失」、「人口増大と生活水準の向上」が、可能性が高くダメージも大きい、極めて危険なシナリオとされています。
管理人註;「生物多様性の喪失」を危険度大とするのは、地球の物質循環が崩壊することで未曾有の破局が訪れるからだという。


W.気候の大変動
地球の温暖化(危険度大)と、それによる気候システムの「眠れる巨人」の覚醒。眠れる巨人とは、南極・グリーンランドの氷床メタン堆積物、生物圏の炭素循環です。

X.不測の天変地異
彗星・小惑星の衝突、超火山の噴火など、全地球的規模の天変地異。発生した場合、人類という生物種そのものが危機に瀕する。
明日にでも地球に小惑星が衝突する可能性は極めて低く(発生してもお手上げなので)、心配しても意味はありません。
しかし、超火山の噴火による地球規模の災害は可能性が高く、発生したら人類にはなすすべなし。現在人類が直面している最も深刻な危機のひとつなんだそうです。

(8月13日読了)
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 19:13| Comment(16) | TrackBack(1) | 自然科学交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。