2006年09月10日

日本に恋してる



愛国心は嫌いだ
こう言ったのは、なんと愛国者の鑑のように思われている作家・三島由紀夫です。
昭和43年1月8日の朝日新聞に三島が寄せた記事、その名も「愛国心―官製のいやなことば」においてでした。



三島は言います。愛国心の「愛」の字がきらひである、と。愛は無限定無条件でなければならない。「人類愛」といふのなら多少は筋が通るが、「愛国心」というのは筋が通らない。なぜなら「愛国心」とは、国境を以って閉ざされた愛だからである。
愛国心は、自分と自分の国しか愛せない。時には他の国と戦争をしたり、アイツには愛国心がないと糾弾する、凶器になったりする。愛国心は押しつけがましい…三島は愛国心という言葉に「官製のにほひがする」と指摘しました。

愛国心がいけないのなら、われわれはどうすればよいのか。三島は「恋」でいいと言います。愛するという言葉には、双方向性が期待されている、見返りを期待している。対する恋は一方的で、秘めた心情です。
三島とともに自決した森田必勝は、「俺の恋人、誰かと思う。神の作りし日本国」(徳富蘇峰の言葉だという)と、いつも言っていたそうです。誰かから強制されたわけではなく、生まれ育ったこの国・日本に恋しているのです。
ただ、恋国心ではすわり心地が悪いと鈴木邦男は言いますが、私はいい言葉だと思いますよ、恋国心。今日から私は恋国者です。

さて、本書は三島の皇位継承論についても触れています。
三島の憲法草案には、なんと「皇位は世襲であって、その継承は男系子孫に限ることはない」との記述があるのです。皇太子殿下、文仁親王殿下がお生まれになり、皇統の将来に何の不安もない時代のことです。

9月6日、文仁親王同妃両殿下に、親王がご誕生になりました。
皇位継承の危機は、歴史上これまでに何度もありましたが、今日まで皇統は絶えることなく受け継がれています。
私たちは、皇室に「愛」を押しつけることなく、そっと見守っていようではありませんか。

(9月10日読了)


続きを読む


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 22:56| Comment(2) | TrackBack(1) | 政治・経済交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。