2006年09月11日

黒幕は誰だ?

古代史最大のクライマックス、乙巳の変大化の改新)。
中大兄王子中臣鎌足が、独裁者・蘇我入鹿を暗殺し、様々な改革を行った…ことになっています。
しかしながら、大化の改新にはおかしな点も数多くあります。
・功労者・中大兄王子は、なぜ大王になれなかったのか
・なぜ軽王子孝徳大王)が即位したのか
・やんごとなき身分の中大兄王子が、なぜ自ら殺害の実行犯となったのか
・改新で退位した皇極大王は、なぜ重祚(再び即位)したのか
…などなど。
正史・日本書紀は、多くを語ろうとはしません。では、このミステリーに挑戦してみましょう。


偽りの大化改新



中村 修也著



注記;天皇の称号が用いられたのは天武天皇以降であるといわれており、本書に従ってこの記事でも、天皇は大王、皇子は王子と表記いたします。


本書では、大化の改新の首謀者は、軽王子=孝徳大王であるとしています。孝徳大王は中大兄王子にとっては母・皇極大王の弟、すなわち叔父にあたります。
現状では皇位に就ける可能性の薄い軽王子が、皇極朝の後ろ盾である蘇我入鹿を、反対勢力を結集して排除したというのです。
なるほど。ミステリーでは、犯人は最も得をしたものを疑え、といいますからね。改新で最も利を得たのは、皇位についた軽王子です。
孝徳大王は中大兄王子らによる傀儡政権であり、中大兄王子は皇太子という天皇よりも自由な身分で存分に政権を行使した…との説がありますが、中村は否定します。皇太子というだけで、政治的実権などあるわけがないからです。
また、皇極大王重祚は、弟から皇位を取り戻して再び即位(斉明大王)することで、わが子・中大兄王子への皇位継承を確かなものにしたと説明します。

入鹿暗殺の実行犯はもちろん、王族である中大兄王子ではありません。第一、中大兄王子が首謀者なら、これから皇位に就こうとする者が、自らの手を汚してまで殺害を実行するでしょうか。
蘇我入鹿暗殺以外にも、改新の功労者である蘇我石川麻呂を讒言によって自殺させたり、孝徳大王の子・有間王子を絞首刑に追い込んだりと、血腥い冷酷な人物として描かれる、中大兄王子。のちの天智大王となる人物がなぜ…
そこで、もう一人の黒幕の存在が浮かび上がってきます。

日本書紀の編纂を命じたのは誰か。
それは天武天皇、中大兄王子の弟・大海人王子です。
大海人王子は、中大兄王子の子・大友王子(弘文天皇と諡号されるが、即位したかどうか異論あり)から武力で皇位を奪いました。壬申の乱です。
歴史書は、その王朝の正統性を証明するために書かれます。日本書紀は天武朝の正史です。天武朝が倒した近江王朝(天智・弘文)の、イメージダウンを図らねばなりません。かといって、実の兄をあからさまな悪人に仕立て上げることもはばかられる…といったところでしょうか。
…なるほど、なかなか手の込んだトリックですね。
歴史にさほど詳しくなくても、ミステリーとして楽しめる一冊です。

(9月11日読了)
続きを読む


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 19:05| Comment(14) | TrackBack(4) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。