2006年09月23日

これはオレのモンだ!

2006年9月20日、自由民主党の新しい総裁に安倍晋三官房長官が選出されました。
小泉純一郎内閣は、郵政や道路公団の民営化などの「聖域なき構造改革」を推し進めましたが、一方で社会格差が拡がったとの批判も受けました。安倍新総裁は改革路線を引き継ぎつつも、改革で痛みを被った人々の「再チャレンジ支援」を掲げています。

市場経済においては、人々が財やサービスを自由に交換し、神の見えざる手によって丸くおさまる…ことになっています。
しかしながら、実際には財は万民に平等に分配されず、自由競争のもとで勝ち組と負け組み、持てる者と持たざる者とが生まれています。

それでは、所有するとは一体何なのでしょうか?
原始時代、誰かが「これはオレのモンだ!」って叫んだときから所有の概念が生まれたのでしょうか?
公平な市場、公平な分配って、有りうるのでしょうか?
…なんて、取りとめのないことを考えるのに、最適なお供はこの本でしょう。


所有と国家のゆくえ



稲葉 振一郎著 / 立岩 真也著



稲葉振一郎立岩信也、両者とも市場原理の矛盾を指摘しつつも、市場そのものは否定していません。

立岩は、分配する最小国家を唱えます。最小国家というと、普通は「国家は治安の維持に専念し、あとは市場原理に任せるべきだ」との考え方が思い浮かびます。立岩の考える最小国家は、財の分配のみに専念し、それ以外の余計なことはしない、経済成長も目指しません。しかも分配の範囲は一国の範囲を越え、世界を想定しています。
私は立岩の思想に、従来の社会主義国家とも福祉国家とも違う、なんとなく静かなユートピア(?)を感じました。

一方の稲葉は、自らの思想を、資本主義への抵抗を正当化しつつ、現行の資本主義を基本的には肯定するものとしています。
経済成長は再分配するパイを大きくするために必要であり、経済成長の環境負荷についても、技術革新なくして環境問題の改善はありえないとします。そして社会主義的・福祉国家的な考え方は、資本主義(顕教)を補完する密教であると。

書店でのトークライブが基になっているので、内容のわりには読み易いのですが、抽象的なテーマだけに「これだ!」という結論が導かれているわけではありません。
それでも、所有とは市場とは国家とは何なのか、秋の夜長にじっくりと考えてみるには、いいヒントが溢れています。

(9月17日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
ポストモダン再考
マルクスさんではありません


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 22:13| Comment(29) | TrackBack(1) | 社会・思想交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

古代王国の記憶

図書館でたまたま目についたので、読んでみました。
ヤマト朝廷統一以前の日本列島には、各地に特色を持ったクニが覇を競っていたものと思われます。丹後出雲吉備筑紫日向…それら古代の王国の息吹を今に伝える遺跡や神社を紹介し、論考するムックです。

なかでも圧巻なのが、巻頭カラーで紹介される丹後王国です(古代丹後王国の存在はエノク&トマス様に教えていただきました)。
丹後地方は、現在の京都府北部。名勝・天橋立を望み、浦島太郎伝説・羽衣伝説が残るロマンあふれる地です。
丹後国一の宮である籠(この)神社は、元伊勢と呼ばれています。天照大神が伊勢に祀られる以前には、ここに祀られていたのです。さらに日本最古の家系図である海部氏系図(国宝)、古代の鏡(息津鏡辺津鏡)が伝わっています。
日本海側最大の古墳が存在するのも、丹後地方です。
ここにはきっと、古代日本の大いなる記憶が眠っているに違いありません!

丹後一の宮 元伊勢 籠神社

(9月18日読了)
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。