2006年09月26日

スーパーサウルスは存在し得ない?!…U

以前ご紹介しました、NHKスペシャル『恐竜VSほ乳類』の本。
実は2種類あるようでして、ひとつはご紹介済みの読み物、さらにもうひとつビジュアル版というものが存在します。


恐竜VSほ乳類



NHK「恐竜」プロジェクト編 / 小林 快次監修



ビジュアル版はサイズが大きく、NHKスペシャルの美麗で迫力満点なCGが、フルカラーで堪能できます。
あの、巨大なスーパーサウルスを存在たらしめた呼吸メカニズム=含気骨(空洞のある骨)による気嚢システムも、一目瞭然です。

恐竜はなぜ、巨大化の道を歩んだのか?
注目されている説は、大気中の酸素濃度です。
恐竜が誕生した三畳紀は、二酸化炭素が急増し酸素が半減したと考えられています。そんな過酷な環境に対応し、恐竜は気嚢システムを発達させました。
また、二酸化炭素が増えると植物の生長は促進されますが、栄養価は逆に低くなります。低栄養価の植物でエネルギーを獲得するには、大量に食べなければなりません。そうなると、大量の植物を消化するための長大な消化器官が必要です。必然的に体も大きくなります。

最新の学説を踏まえた恐竜とほ乳類の進化プロセスが、楽しみながら理解できてしまうオトナの絵本。
文字が大きく、漢字にはふりがな付き、ページ数も少ないので、お子様にもオススメです。

(9月25日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】スーパーサウルスは存在し得ない?!
【不純文學交遊館】福井県立恐竜博物館


ラベル:恐竜
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(1) | 自然科学交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。