2006年10月15日

スーパースターBest20

久しぶりの宇宙ネタです。
このたび交遊したのは『ミステリアスな宇宙』…なんとまあ、ありきたりなタイトル(苦笑)。



万人向けの初歩的宇宙入門書だろうと思って目次を見ると、オリオン星雲おうし座分子雲…といったユニークな天体の名前がズラリ。意外と面白そう。
この本は、世界中の天文学者が注目する代表的な天体20を解説したものです。文字通り、宇宙のスーパースター達ですね。

まずはオリオン星雲から。星雲の種類について、いきなり結構専門的な用語が出てきます。星雲(そして星団)のことをMナントカという番号で呼ぶことをご存知の方も多いと思いますが、このMはメシエの頭文字です。
メシエというのは人名ですが、ここでは一切解説なし。メシエについて語られるのは第17章かに星雲の項です。ちょっと不親切ではないですか?
ちなみにM1はかに星雲で、ウルトラマンの故郷M78星雲はオリオン座にあります。

20の天体の中には、私たちにとって非常に身近な太陽火星もあります。これらを最初に持ってきた方が、掴みとしてはいいと思うんですが…
最後の天体が宇宙背景放射というのは良いのですが、そこまで話を持っていく順番に難あり。

構成に文句を付けましたが、内容は良い本です。
例えば太陽についての章。太陽が一秒間に放出するエネルギーは、現在世界中で発電されている電気エネルギーの7000万年分(!)太陽が地球に与える影響がいかに大きいか、すごくよくわかる解説ですね。

宇宙は、新たな発見や事実の解明があるたびに、また新たな謎が生まれるのだそうです。ますます興味が尽きません。
あとがきでは、冥王星が惑星の定義から外れた、プラハの国際天文連合総会についても触れられています。

(10月15日読了)



posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 21:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 自然科学交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。