2006年10月22日

日本は核武装せよ

世界を震撼させた、10月9日の北朝鮮による地下核実験発表。
北朝鮮への制裁をめぐって、国際社会は現在も活発な論議が続いています。
国内では、中川昭一・自民党政調会長の核武装発言(10月20日)が、大きな反響を呼びました。

「日本核武装」の論点



中西 輝政編著 / 日下 公人〔ほか著〕



本書の序文が書かれたのは本年7月。
現在に至る状況を予見していたかのような、出版タイミング。
論者は、中西輝政・日下公人・平松茂雄・櫻井よしこ・西岡力・伊藤貫・兵頭二十八です。

中国は既に米国の主要都市を核ミサイルの射程内に捉えており、北朝鮮のミサイルも米国本土に届く能力を有している可能性が高い。米国は自国の安全を軽視してまで、有事に日本を守ってくれるはずはない。もはや「アメリカの核の傘」は無効である…これが論者に共通した認識です。

中国・ロシアそして北朝鮮。日本は核保有国に、ぐるりと取り囲まれています。周辺国が「言うことを聞かないと核ミサイルを落とすぞ」とブラフをかけるだけで、核の抑止力という対抗カードを持たない日本は、恫喝に屈する他ありません。
鉄砲玉で鉄砲玉を撃ち落すようなMD(ミサイル防衛)システムに、核ミサイルの脅威は防げません。効果がないくせに極めて高価です。
さらに中国の積極的な宇宙開発は、宇宙空間でアメリカの人工衛星を攻撃し、MDシステムを無力化することを目論んでいます。

世界で唯一の被爆国・日本。
瞬時かつ無差別に大量の貴い人命を奪い、生き残った被爆者にも重い後遺症を残す核兵器は、廃絶されてしかるべきです。
しかしながら、核の脅威を防ぎ得るのは核の抑止力しかないのが、残念ながら今の世界の実状です。核ミサイルを100%迎撃できる、レーザー兵器でも実用化されれば別ですが。
また通常兵器を増強したり、MDシステムを導入するよりも、核ミサイルを持つことの方が低コストであると思われます。
日本の核武装に対するアメリカの誤解を防ぐには、核のボタンをアメリカと共有するという選択肢もあるでしょう。
日本には技術力も資源(プルトニウム)もあります。一番の問題はスパイ対策でしょうね。

以下、管理人のひとりごと。
日本は過去のあやまちで、周辺諸国に多大なる損害をもたらしました。
日本は絶対に戦争はしません(私には安倍晋三首相の「美しい国」というフレーズが「戦争ができる国」に聞こえてしまいます…)。
軍隊も持ちません(国境の警備とテロに対処するために最低限必要な自衛力と、国際貢献部隊を持つことは可)。
日本人は民主的で平和を愛する国民です。
しかし日本の領土(領海・領空)を侵す国の頭上には、いつでも核ミサイルを落とすことができますよ…そんな日本に私は棲みたい。

(10月22日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】緊急事態!


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:10| Comment(18) | TrackBack(1) | 政治・経済交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。