2006年10月29日

格差社会の処方箋

格差社会と呼ばれるようになった、わが日本。
所得配分の不平等の度合いを示すジニ係数が上昇したと話題になり、最近では、働けども豊かになれないワーキング・プアなんて言葉も目にするようになりました。
所得格差が、より高収入を得る者が増えた上離れに起因するのなら問題はありません。しかし、貧困層の増加=底抜けが起きているなら、社会的影響は深刻です。
フリーター・ニートに代表される低収入の若者、経済苦を理由とする自殺者の増加、離別母子家庭の増大…底抜けは、確かに起きているのです。


新平等社会



山田 昌弘著



現代の格差問題が難しいのは、自由で民主的な社会において「望ましい」とされていることから格差が生じているからです。
経済活動、職業選択、家族形態の自由化。
IT化、グローバル化、知識産業化によってもたらされたニューエコノミー
ニューエコノミーにおいて、仕事は二極分化されます。創造力・想像力や知識・美的センスが要求される、少数の仕事。そしてIT化・オートメーション化で定型化された、大量の仕事。後者はマニュアル通りにできる仕事なので、高度な熟練の必要がなく、派遣労働に置き換えることが可能です。
では、格差はニューエコノミーの進展の帰結として放置しても良いのでしょうか?

山田は、格差問題は環境問題と同じだと言います。どちらも市場原理における外部不経済と捉えるのです。
経済活動を市場原理だけに任せれば、資源の枯渇や廃棄物の増加という外部不経済が生じ、持続可能な発展が阻害されます。同じように、市場原理が格差を生み出すのは仕方がないが、放置すれば社会不安が増大したり人々の働く意欲が低下したりして、社会の持続可能性が損なわれます。

本書には、数々の格差社会の処方箋が提示されています。
累進課税を過去の水準に戻すのも、そのひとつです。累進税率が高いと、高額所得者が海外に逃げ出すとの反論がありますが、ならば文部科学省の出番だと山田は言います。
高額所得者が儲かるのは、日本国内に優れた労働者とセンス良くお金を使う消費者がいるおかげ。そして日本に生まれて、良い教育を受けられたおかげです。
税金逃れのために海外へ移住するのは、日本社会に対するを恩を忘れています。高額所得者に、日本人としての教育が必要であると。
他にも、寄付を促進するための税制改正、年金マイレージ制度、地域で環境保護や福祉の仕事に従事する共生事業の創設などが提案されています。

後半では、日本社会に格差がどのように現れているのか(仕事格差・結婚格差・家族格差・教育格差)、具体的に示されています。

(10月29日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
希望があるなら、まだいい…


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 21:00| Comment(2) | TrackBack(3) | 社会・思想交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。