2006年11月13日

ヴィンチ村のレオナルドさんは世界を操る陰謀家?

万能の天才と称えられる芸術家にして科学者、レオナルド・ダ・ヴィンチ
ルーブル美術館にある一幅の女性像「ラ・ジョコンダ」(通称モナ・リザ)は、世界一の名画の名を欲しいままにしています。
レオナルドは寡作で、未完のまま投げ出された作品も多く、有名な「最後の晩餐」は壁画には向かないテンペラ技法を用いたため、完成直後から剥落。職業画家としての評価には疑問符を付けざるを得ない点もあります。
レオナルドが世界史に名を残す天才であることを、私は全く否定しません。ただ、あまりにも神格化・超人化されてはいないでしょうか。



映画化された世界的ベストセラー小説『ダ・ヴィンチ・コード』の影響か、今や世界史を裏で操る陰謀家とされてしまったヴィンチ村のレオナルドさん。彼はいかにして秘密結社のリーダーとされたのでしょうか。
なお竹下節子の本を手に取った理由は、現代新書の『ジャンヌ・ダルク超異端の聖女 』がたいへん面白かったからです。

レオナルドは政治的にも宗教的にも中立的立場でした。さらに寡作であり、私生活については語らず、想像の余地が入りやすい。つまりどんな色にも染めやすい人物だったのです。
本書はレオナルド個人の伝記のみならず、ヨーロッパにオカルティズム(神秘主義)とエゾテリズム(秘教主義)が育まれた土壌について多くの頁が割かれています。フリーメーソン薔薇十字団などのオカルト・サークルは、当時の貴族階級の知的なお遊びでした。たびたび陰謀史観の主役となるテンプル騎士団も、日本でいう平家落人伝説のようなものです。

レオナルドの絵に隠されているという異教的モチーフ。
しかし実際のキリスト教は、古代ギリシャ・エジプトなどの多神教的な要素を取り込んで発展してきました。レオナルドの絵に異教の要素が秘められているというのなら、同時代の他の芸術作品にも、それは見出せることでしょう。
キリスト教は女性原理を抑圧してきたとされる一方で、女神信仰を習合してもきました。マグダラのマリア信仰は民衆に人気があり、レオナルドが暗示的に描く必要などなかったのです。

では、なぜ『ダヴィンチ・コード』は「異端」をテーマとしたのでしょうか。
先住民を排斥し、文化的な「更地」としたうえに建国されたアメリカ。そこには異教との習合はありません。新大陸のピューリタンがヨーロッパの教会を見たら、その異教ぶりに驚愕する…『ダヴィンチ・コード』は、アメリカだからこそ生まれたエンターテイメントだったのでしょう。

私は『ダヴィンチ・コード』批判はいたしません。小説が歴史的事実と違っていても一向に構わないからです。ただ、多角的に歴史を見る眼を養うことは必要です。
世界史を教えない日本の教育って、大丈夫?

(11月12日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
モナリザ・コード


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 01:08| Comment(14) | TrackBack(0) | 芸術・娯楽交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。