2006年11月20日

よ〜く考えよう、石油は大事だよ♪

最近一番気になったニュース…
それは11月4、5日にアフリカ48ヶ国の首脳が北京に大集結した中国・アフリカ協力フォーラム(中国・アフリカサミット)です。
拡大を続ける中国経済。それに伴い急増する石油などのエネルギー消費。中国は着実に資源購入先の多角化を目指しています。
このままでは地球は中国に食い尽くされてしまう…というのは考え過ぎでしょうが、同じく資源輸入大国である日本に先を見すえた戦略はあるのかと、非常に憂慮させられたニュースでした。

現代文明は石油に大きく依存していますが、産油国の多くが政情不安なのが現状です。



世界の石油貯蔵庫、中東ペルシア湾。
核開発問題でアメリカの次なる標的とされているイランは、中東ではサウジアラビアに次ぐ産油国ですが、なんとガソリンは輸入に頼っています。近代文明を否定したイスラム革命と、イラン・イラク戦争での製油所空爆被害で、石油精製能力は停滞したままです。
未だ内戦状態のイラク。フセイン政権の崩壊で、抑圧されていたクルド人が台頭しました。しかしクルド人の独立志向は、国内にクルド民族問題を抱えるトルコに不安をもたらします。
世界一の産油国・サウジアラビアは、国民の王政への信頼維持に苦心しています。9.11テロ以降、アメリカの「サウジ離れ」も顕著になってきました(代わって中国が接近しているようです)。
経済基盤を石油に依存する中東湾岸諸国ですが、貿易や金融など石油以外の産業振興に力を入れている、UAE(アラブ首長国連邦)のドバイのような国もあります。

中東情勢が不安定なため、注目されるのがアフリカ諸国です。
かつてテロ支援国家と名指しされたリビアは今や親欧米路線を強め、アルジェリア、ナイジェリアも不安定要因はありますが欧米諸国の関心を集めています。
最初に述べたように、アフリカとの関係強化に熱心なのが中国です。中国は欧米諸国とは違い、外交になんら条件をつけません。ダルフール紛争での大虐殺を非難されるスーダンや圧政国家と悪評高いジンバブエなどから資源を輸入し、経済支援をしています。
中国の進出が、アフリカの新たな火種とならねば良いのですが…

もうひとつ忘れてはならないのが、中央アジアのイスラム諸国です。カザフスタンは豊富な資源を背景に、中央アジアの大国となりつつあります。他にもアゼルバイジャン・ウズベキスタンなどの有力な産油国がありますが、中央アジア諸国の懸念は、一党独裁国家が多く民衆の不満がイスラム過激派の運動を誘発することでしょう。
また本書には、ロシアの重要性も説かれています。ロシアの石油を日本や中国へ供給するパイプライン網に北朝鮮も加えることで、東アジアの安定度が高まるのだと言います。

石油をキーワードに世界を見れば、世界の火種がどこにあるのかが見えてきます(イスラム世界が主題の本なので、中南米にはほとんど触れられていませんが…)。
世界地図を眺めながら読みましょう。

(11月20日読了)


管理人のひとりごと


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 22:21| Comment(10) | TrackBack(0) | 政治・経済交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。