2006年12月04日

デフレ敗戦…

11月22日、2002年2月から始まった現在の景気拡大は、戦後最長だったいざなぎ景気(58ヶ月)を超えたと発表されました。
不況から脱したとされる、日本経済。しかしながら、この間の経済成長率は「いざなぎ」とは比較にならないほど低く、実感の全く伴わない景気回復となっています。また、大企業は高収益を上げているものの、その効果は家計にまで及んでいません。

平和に暮らす、戦争しない経済学




アメリカが2001年以降「テロとの戦い」に投じた戦費は4320億ドル
今でもイラクにかかる戦費は月に70億ドル
トマホークミサイルは一発3億円(←ここだけ円)

…など「経済学的に平和を守る」というサブ・タイトル通り、戦争にいかにコストが掛かるかが明かされます(ただし、短期的には戦争が利益を生むことも事実として併記されています)。
しかし本書の内容は、単に戦争のムダを指摘するにとどまらず、5年間続いた小泉政権への強烈な批判となっています。

長く続いたデフレ不況。その原因を森永卓郎は、小泉政権下で行われた不良債権処理が、アメリカのハゲタカ・ファンドを儲けさせるために行われたせいだと指摘します。
日本経済の回復には早急な不良債権処理が不可欠だと、アメリカに迫られた小泉政権。株式や不動産は外資ファンドに二束三文で買い叩かれ、利益が出るとあっさりと売り払われました。
こうして得られた利益が、アメリカの「テロとの戦い」の戦費に充てられたのかもしれません。
日本は、アメリカとの経済戦争に敗れたのです。

森永は日本経済復活へのファイナルアンサー で、現在は参議院議員の国際政治学者・舛添要一とともにインフレターゲット論を主張していました。
日銀が市場への資金の供給量を増やしていれば、デフレ不況はこんなに長引かなかったと、森永は言います。
日本をハゲタカ・ファンドに売った売国政治家に、愛国心を語る資格はあるのでしょうか。

(12月3日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】純ちゃんの不純な素顔


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 01:23| Comment(12) | TrackBack(0) | 政治・経済交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。