2006年12月23日

なんだったんだ?ゲンダイシソウ

現代思想という言葉は「いま学界や論壇で主流となっている哲学や主義・主張」という意味に解釈できます。
そんな辞書的な解釈とは別に、カギカッコ付きの「現代思想」というもの(ジャンル)が存在しました。
1980年代に一世を風靡した「現代思想」(あるいはニュー・アカデミズム)という名のムーヴメント。日本で現代思想と言えば、むしろこちらの方が一般的かもしれません。



あの「現代思想」(と呼ばれた一種のお祭り)って、一体なんだったのか?
講義してくださるのは、仲正昌樹さんです。
従来の哲学や思想は、人間や社会のありかたを真面目に考えて答えを出そうとしていましたが、近代社会とか人間の理性とかいうものを疑ってかかる「現代思想」には、確信犯的に解答を放棄しているような不真面目さ(?)があるといいます。
また、マスメディアへの頻繁な露出やサブカルチャーへの言及(こうした知の実践スタイルをニュー・アカデミズム、略してニューアカと呼ぶ)も、「現代思想」の学者たちの特徴です。

「現代思想」がブレイクする以前、思想界にはマルクス主義という巨大な勢力がありました。
産業革命以降の近代社会は、資本家が労働者を搾取して資本を増殖させているが、そのうちに搾取できる労働力は次第に減少します(貧困増大の法則)。資本主義は早晩行き詰まり、労働者による革命が起こるのは歴史の必然であると。
しかしながら、労働者が自ら生産した商品を消費することで、資本主義は行き詰まるどころか増殖し続け、マルクス主義では説明できない未曾有の大衆消費社会が到来したのです。

近代的な人間観に最初に揺さぶりをかけたのは、栗本慎一郎でした。栗本は、前近代社会の祝祭における破壊的な消費(ポトラッチ)のように、人間には過剰なモノを蕩尽する欲望があるとし、「生産的に労働する人間」像を否定します。
そして浅田彰は、近代的・資本主義的価値観を維持しようとするパラノ人間に対し、彼らと闘争するのではなく逃走するスキゾ・キッズを礼賛しました。浅田のスキゾ・キッズは、消費社会の発展とともに台頭したフリーのカタカナ職業人(コピーライターや○○コーディネーターなど)の生き方とも一致します。
また、文学においては田中康夫の『なんとなく、クリスタル』が、よりも記号が消費される新しい消費社会を描いています。

では隆盛を極めた「現代思想」が、なぜウケなくなったのでしょうか?
ひとつは、かつて礼賛された組織に縛られないスキゾな生き方が、バブル崩壊後の長期不況によって非常に困難になってきたこと。
もうひとつは、ソ連・東欧諸国の崩壊によるアメリカ一極支配の到来で、新自由主義的な資本主義に対する、マルクス主義的な「ベタな」資本主義批判が復活してきたことです(仲正は「ポストモダンの左旋回」と呼んでいます)。

この本、あとがきも面白いです。
生徒のボランティアを義務化しようとする連中に対し「日本の保守が毛沢東時代の中国を見習ってどうする!?」と突っ込んだり、「安倍総理の“美しい国”は危ない!」と叫ぶサヨクの元気さを気味悪がったりと、左右双方のオメデタイ人々を皮肉っています。

(12月23日読了)


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 21:56| Comment(13) | TrackBack(1) | 社会・思想交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。