2006年12月30日

ムシの眼から見る世界

地球上で最も種類の多い生物、昆虫。数十万種と百万種以上とも言われ、未発見の種は既知の種よりも多いと推測されます。日本では約3万種が報告されていますが、実際には10万種以上いるだろうとのことです。


タイトルがイイですね〜
灯りに集まる夜の虫のように、引き寄せられてしまいます。
夜の風景のなかでもとりわけ明るいコンビニエンスストアの照明には、多くの昆虫たちが集まってきます(昆虫は紫外線付近の波長に誘引される)。そして珍しい虫を求めて昆虫採集マニアも集まってきます。昆虫にとってコンビニとは、そんな場所なんですね。
しかし、コンビニの電撃殺虫器が周辺の虫たちを絶滅させることはないですし、昆虫マニアに捕獲される虫よりも、走っている車に衝突して命を落とす虫の方が多いでしょう。都市開発による環境変化は、さらに多くの昆虫たちの棲み処を奪います。

この本は上記のコンビニをはじめ「昆虫にとって○○とは何か?」と28のテーマを採り上げて、昆虫(生物)と人間(文明)の関係を考察するものです。
他にも「昆虫にとってビールとは何か?」では、カやアブなどの吸血性昆虫は人体が発する二酸化炭素や汗に誘引されており、アルコールは二酸化炭素の排出や発汗を促進するために、酒飲みはカに刺されやすいとの事例を紹介しています。

文明の発達は、昆虫の生存に大きな変化をもたらしています。単なる自然破壊の問題だけではありません。自動車・船・飛行機などの輸送機関が、本来生息していなかった地へ昆虫たちを運んでいます。家屋や農地が、昆虫たちに新たな生息地をもたらす場合もあります。
自然保護というのも難しい問題です。著者は自然保護には大きく2つのタイプがあると言います。
ひとつは「このままではやばい」という、人間の危機感です。酸素を生み出し災害を防ぐ森林、飲み水となる河川、化石燃料などの天然資源…人間が生存する上で必要な自然環境を保護しようというものです。
もうひとつは、ノスタルジー感情にもとづく自然保護です。ゲンジボタルやオオムラサキの飛ぶ風景を守りたい、取り戻したい。しかし感情にもとづく自然保護は、見た目の美しい種類に偏る傾向があります。守るべき豊かな自然というのも、決して原生林に戻すことではなく、のどかな田園風景のように、人間の手の入った二次的な風景だったりします。

文明的な生活を維持しつつ豊かな自然を守るならば、人間は都市の高層住宅に住んだほうが良いでしょう。
農薬を使わずに見栄えの良い野菜や果物を作るならば、害虫が入ってこない栽培工場で育てるしかありません(ちなみに著者の専門は害虫防除です)。
人間と自然はどう関わるべきか、多くのことを考えさせてくれる一冊です。
文章は易しく各章は短く、非常に読みやすい!

(12月29日読了)
管理人のひとりごと


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 16:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 自然科学交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。