2007年01月29日

赤ちゃん売ります

タレントの向井亜紀さんは、2003年に代理母出産によって双子のお子さんを授かりました。
代理母出産では、遺伝上の母親と産みの母親が異なります。向井さんは子宮頸がんを患って子宮全摘出手術を受けており、別の女性のおなかを“借りる”ことによって、自身と夫・高田延彦さんの子どもを授かることができたのです。

世の中には、不妊に悩む人々が少なからず存在します。
医療技術の進歩は、これまで子どもを授かることができなかった人々に希望をもたらしました。しかし、体外受精や代理母出産には高額な費用が要求されます。
ベビー・ビジネスとも呼べる新たな市場。その驚くべき実態を、教えてくれる本があります。


ベビー・ビジネス



デボラ・L.スパー著 / 椎野 淳訳



一般的な商品は、市場における需要と供給のバランスで適当な値段が決まります。リンゴの値段が高過ぎるなら、代わりにバナナを買うことができます。
しかしベビー・ビジネスの世界は、他の市場とは異なります。わが子を授かりたいと願う人々は、ありとあらゆる治療を繰り返し試み、可能な限りの費用を投じるのです。そう簡単に諦められるものではありません。かけがえのない、自分たちの遺伝子を受け継ぐ命のためになら。

ベビー・ビジネスは、不妊治療にとどまりません。
着床前遺伝子診断によって、胚が重度の遺伝病を持っているか否かを知ることができます。そうなると健康ではないと判断された胚は、破棄されてしまいます。
“胚の選択”は、いずれ優秀な遺伝子に操作された子ども“デザイナー・ベビー”の誕生を導くことになるでしょう。
バイオテクノロジーばかりでなく、国際的な養子縁組の斡旋もまた、金銭の介在するビジネスといえます。

あらゆるベビー・ビジネスを禁止してしまえば、闇市場が生まれたり、規制の強い国の住民は規制の緩い国へ渡って子どもを授かろうとするでしょう。
宝石や高級ブランド品のような“贅沢品”として生殖医療を位置づければ、濫用は避けられますが、恩恵を受けられるのは裕福な人ばかりです。その先にあるのは、ジーンリッチジーンプアの階級社会かもしれません。
生殖医療を、ドナー登録制の臓器移植のように扱うことも考えられます。商取引の要素は排除され“人体の売買”という懸念はなくなります。しかし全くの無償で代理母を志願したり精子や卵子を提供しようとする人は、多くはないでしょう。

…いろいろと考えさせてくれる一冊です。

(1月29日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
ヒトがモノになる


ラベル:生命倫理
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 20:51| Comment(8) | TrackBack(2) | 社会・思想交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月23日

古代史の謎・継体天皇

今年は第26代天皇・継体天皇が、507年に河内国の樟葉宮で即位してから1500年になります。
継体天皇は第15代応神天皇五世の孫とされ、第25代武烈天皇が後嗣なく崩御したことで、越前国(近江国説もあり)から擁立されました。
しかし先代天皇との血縁が無く、即位後20年も大和に入らなかったことから、これを王朝交代であるとの見方があります。
ヤマト朝廷成立の謎を解く鍵を握る、継体天皇。
福井県にある継体天皇ゆかりの地を散策して、不純文學交遊界にUPいたしました。

不純文學交遊館「古代史の謎・継体天皇」
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 00:34| Comment(82) | TrackBack(0) | 書を捨てて街へ出る会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月22日

カラダは世界遺産

突然ですが、盲腸虫垂の違いはご存知ですか?
小腸と大腸がつながるT字路のような部分。一方は大腸となり、もう一方はすぐに行き止まりとなります。この行き止まりの部分が盲腸です。虫垂とは、盲腸の先にぶら下がった細長い器官のことをいいます。


「退化」の進化学



犬塚 則久著



「退化」の進化学とは、なんとも魅力的なタイトルです。
人体の退化した部分というと、真っ先に思い浮かぶのが盲腸・虫垂ですよね。
草食動物の盲腸が長いことは、よく知られています。植物の硬いセルロース性の細胞壁を消化するために、バクテリアを住まわせているからです。肉食動物の盲腸は、小さいか全くありません。
一方の虫垂ですが、こちらは多くの哺乳類にはなく、ネズミやネコ、ヒトなどの霊長類に限られます。
俗に言う「盲腸」…虫垂炎になると虫垂を切除しますから、虫垂は役に立たない退化した器官の代名詞とされてきました。ところが実際には虫垂はリンパ小節が密集しており、むしろ類人猿とヒトに特有の、生物進化のうえでは新しい免疫機構だったのです。

私たちのカラダには、進化の足跡が数多くあります。
例えば耳。
耳には3つの小さな骨があって、私たちは音を聴くことができます。両生類と爬虫類では耳の骨は1つで、あとの2つは顎の関節を構成しています。
また、これらの骨は、サメでは顎の骨そのものです。そして耳の穴は魚類のエラの穴に由来し、私たちの首は魚類のエラ蓋があった場所ということになります。
このblogで何度か採り上げたNHKスペシャル・恐竜VSほ乳類でも、爬虫類の顎の骨の一部が哺乳類の耳の骨になり、哺乳類は聴覚を発達させて夜の世界に進出することで、昼の世界を支配する恐竜との棲み分けをはかって進化したとの説を紹介していました。

無から有が生まれないように、人体の器官はすべて、魚類や爬虫類や他の哺乳類から受け継がれています。
私たちのカラダそのものが、生命が何億年ものあいだ進化を続けてきた何よりの証拠なのです。
著者・犬塚氏は言います。私たち自身が世界遺産であると。

(1月21日読了)
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 15:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 自然科学交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

これでホントに核廃絶?!

北朝鮮の核実験発表に大きく揺れた、2006年。
世界の核軍縮は一向に進まず、NPT核拡散防止条約)体制は、米・ロ・英・仏・中の核保有を正当化しているに過ぎません。
核兵器を廃絶するには、核の脅威を無力化するテクノロジーが必要ではないかと考えますが(あくまで核の脅威の無力化であって、核兵器を上回る破壊力を持つ兵器の開発ではありません)、そんな夢のようなテクノロジーが果たしてありうるのでしょうか?

地球上から核兵器を消滅させることが可能だという、世界的物理学者が日本にいます。

世界で初めて原子爆弾を開発した、マンハッタン計画。そこにはノーベル賞を受賞した世界的な物理学者が数多く関わっていました。
「物理学者たちは恐ろしい原爆を作り上げた、物理学者としてこれを消し去る責任がある」
こう語るのが理論物理学者・菅原寛孝氏です。

原子爆弾開発の過程で、科学者たちはある壁にぶつかりました。それが未熟爆発と呼ばれる、プルトニウムが十分に核分裂する前に小規模な爆発を起こしてしまう現象です。未熟爆発を克服して核分裂の連鎖による大爆発を可能にしたのが、爆縮レンズと呼ばれる仕組みでした。
菅原氏はこの未熟爆発に着目し、核兵器を意図的に未熟爆発させて消滅させようと考えたのです。でも、どうやって?
菅原氏の構想は、核兵器にニュートリノを発射するものです。
ニュートリノは太陽の核融合や宇宙線が大気と衝突した際に発生します。しかしニュートリノは地球をも貫通してしまう、観測の困難な素粒子です。小柴昌俊氏のノーベル賞受賞でご存知の方も多いでしょう。
このニュートリノを地球の裏側から核兵器に向けて発射し、核兵器に中性子を浴びせて未熟爆発を起こして破壊してしまおうというのです。

核兵器消滅装置に必要なニュートリノのエネルギーは1000テラev。これがどんなにとてつもない超強力エネルギーかと言いますと…
1000テラevのエネルギーを得るのに必要な粒子加速器は一周1000q。これを稼動する電力は5000万kw。日本の発電設備は1億9800万kwなので、瞬間的にではあっても、日本中の電力の4分の1を消費します。さらに1000qの巨大加速器の建設費には数兆円かかると見積もられます。
今よりも強力な超伝導磁石が使えるならば、粒子加速器の規模は60q、建設費は数千億円に抑えられると言いますが…
問題は規模やコストだけではありません。
中性子が、標的となった核兵器周辺にいる人間を殺傷する可能性。
未熟爆発とはいえども通常の核爆発の3%の破壊力があり、周辺への物理的損害や放射能汚染は避けられないでしょう。
そしてなにより、核兵器の所在位置の特定は難しく、標的に命中するのかという疑問。

ニュートリノによる全核兵器消滅計画は、人類を救う希望の光か?
それとも稀代のトンデモか?

(1月7日読了)
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 02:18| Comment(12) | TrackBack(1) | 科学技術交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月03日

ヒトがモノになる…

昨年(2006年)、愛媛県の宇和島徳洲会病院で行われた生体腎移植手術に金品の授受があったことが発覚、また同院では過去11件の病気腎移植手術が行われていたことも判明しました。
「モノ」として遣り取りされる、人間の臓器。いま「ヒトのモノ化」が進行しているとするのが、この本です。

モノ・サピエンス



岡本 裕一朗著


タイトルが目に留まって手にとった、この本。モノとは物質のモノであり、価値の単一化のモノ(モノクロ、モノレールなどのモノ)でもあります。モノ化とは物質化するとともに、商品としてお金によって価値が一元化されることを意味しています。

使い捨てられるブランド品
カラダをレンタルしてお金をもらう援助交際
非正規雇用(フリーター)
臓器売買や代理母出産…


世の中におけるモノ化の進行を、ポストモダン以降の消費社会の動向をたどりながら事例が紹介されます。なお本書におけるポストモダンとは、70〜80年代以降です。さらに90年代に共産主義諸国が崩壊したことで、ポストモダン(=歴史の終わり)が実現し、ヒトのモノ化に拍車がかかったとしています。

面白い指摘は、バイオテクノジーの受容をめぐって、従来の右派・左派の分裂が起こりうることです。
アメリカの共和党は市場原理主義であり、自由な経済活動は新たなテクノロジーを次々と生み出します。しかし支持層は道徳的には保守派であり、遺伝子操作や妊娠中絶に強い拒否感情を示しています。
一方の民主党は妊娠中絶や同性愛に寛容で、先端医療研究も支持します。かといってバイオテクノロジーの推進が新たな不平等を生むことは、リベラル派の望むところではありません。

本書では様々な「ヒトのモノ化」が考察されますが、その是非については論じられません。性急に道徳的判断を下す前に、現実にどのような事態が進行しているかを捉えようというスタンスです。全体としては「ヒトのモノ化」は個人の自由な欲望を原動力としており、モノ化の潮流に合ったモノ・サピエンスとしての尊厳を考えるべきとの立場のようです。

ただ、大きな欠陥がひとつ。
岡本氏は遺伝子操作によって「生まれの不平等」が克服され、優秀な遺伝子ばかりが満ちあふれた「均一な社会」が出現する「消費者優生学」の時代の到来を予想しています。しかし格差社会を論じながらも、経済的に遺伝子操作ができない階層がありうることに全く触れていません。

(1月2日読了)
ラベル:生命倫理
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 11:47| Comment(11) | TrackBack(0) | 社会・思想交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月02日

スパモン様の見えざる手

この世は5分前に何者かによって作られた、過去の記憶や太古の化石・遺跡とともに…
そう言われると明確に否定することはできません。

宇宙はビッグバンによって誕生し、生命は進化を続けて今のような姿となりました。
一方で、世界は聖書に記されている通り神様がお作りになったのだと信じる、キリスト教原理主義ファンダメンタリズム)があります。アメリカでは、ファンダメンタリストが進化論とともに創造説を学校で教えよと主張しています。
ただ、創造主がキリスト教の神だと教えるのでは政教分離に抵触するので、最近では何らかの知的な存在(もちろん、キリスト教の神を想定)が世界を創造したのだとするインテリジェント・デザインID)説というのが登場しています。


反★進化論講座



ボビー・ヘンダーソン著 / 片岡 夏実訳


古代人の平均身長は、なぜ現代人より低いのか?
地球には重力があるが、そのパワーの源泉は現代科学でもよくわかっていない。実は目に見えないモンスターが、人間が宇宙へ飛び出さないように、スパゲッティのような細長い無数の触手で人間の頭を押さえているのだ。しかし、現在の地球の人口は古代とは比べものにならないくらい増加したので、モンスターの触手の押さえる力が弱くなっている。だから身長が伸びた。
世界の創造主はスパゲッティ・モンスターである。
ダーウィン進化論やニュートン力学が全てを説明できないように、ID説も仮説に過ぎない。ID説を学校で教えよと言うのなら、同様に空飛ぶスパゲッティ・モンスター説も教えられなければならない。

この『反☆進化論講座』は、進化論を否定するために書かれた本ではありません。
進化論を否定するID説に対抗するために、ID説の理屈をそのまま使って立ち上げた新宗教の福音書(?)なのです。

かつて病気は悪霊の仕業で、患者から悪い血を抜けば病気が治ると信じられていた。これが現代医学よりも効果がないと言えるだろうか。悪い血を抜いたおかげで悪霊は撲滅されたのだ…
オカシイと思いつつも、反証しようのない論理。カルト宗教は、このような手口であなたに近づいてくるのかもしれません。
カバーの折り返しには、こんな一文があります。
本書を楽しく読み進めれば、
知らず知らずのうちに、
アブナイ宗教や、
もっともらしいトンデモ科学の
手口にだまされない能力が、
身につく!

2007年、皆様によき笑いがありますように!

↓スパモン様のお姿をご覧になりたい方はこちら
http://www.venganza.org/

(1月1日読了)
管理人のひとりごと
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 11:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 自然科学交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月01日

謹賀新年

あけましておめでとうございます

不特定多数の書物と交遊する出会い系サイト『不純文學交遊録』は、二周年を迎えました。
昨年は数多くの方々からご来訪・ご意見を賜り、ありがとうございました。
本年も皆様によき書物との出会いがありますことを、お祈りいたします。

本家『不純文學交遊界』も新年バージョンに模様替えいたしました。
blogのデザインも本家と統一イメージにしてみました。

本年もどうぞ宜しくお願いします。
平成19年元旦 不純文學交遊録管理人

posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 09:50| Comment(5) | TrackBack(0) | 不純総合研究所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。