2007年01月03日

ヒトがモノになる…

昨年(2006年)、愛媛県の宇和島徳洲会病院で行われた生体腎移植手術に金品の授受があったことが発覚、また同院では過去11件の病気腎移植手術が行われていたことも判明しました。
「モノ」として遣り取りされる、人間の臓器。いま「ヒトのモノ化」が進行しているとするのが、この本です。

モノ・サピエンス



岡本 裕一朗著


タイトルが目に留まって手にとった、この本。モノとは物質のモノであり、価値の単一化のモノ(モノクロ、モノレールなどのモノ)でもあります。モノ化とは物質化するとともに、商品としてお金によって価値が一元化されることを意味しています。

使い捨てられるブランド品
カラダをレンタルしてお金をもらう援助交際
非正規雇用(フリーター)
臓器売買や代理母出産…


世の中におけるモノ化の進行を、ポストモダン以降の消費社会の動向をたどりながら事例が紹介されます。なお本書におけるポストモダンとは、70〜80年代以降です。さらに90年代に共産主義諸国が崩壊したことで、ポストモダン(=歴史の終わり)が実現し、ヒトのモノ化に拍車がかかったとしています。

面白い指摘は、バイオテクノジーの受容をめぐって、従来の右派・左派の分裂が起こりうることです。
アメリカの共和党は市場原理主義であり、自由な経済活動は新たなテクノロジーを次々と生み出します。しかし支持層は道徳的には保守派であり、遺伝子操作や妊娠中絶に強い拒否感情を示しています。
一方の民主党は妊娠中絶や同性愛に寛容で、先端医療研究も支持します。かといってバイオテクノロジーの推進が新たな不平等を生むことは、リベラル派の望むところではありません。

本書では様々な「ヒトのモノ化」が考察されますが、その是非については論じられません。性急に道徳的判断を下す前に、現実にどのような事態が進行しているかを捉えようというスタンスです。全体としては「ヒトのモノ化」は個人の自由な欲望を原動力としており、モノ化の潮流に合ったモノ・サピエンスとしての尊厳を考えるべきとの立場のようです。

ただ、大きな欠陥がひとつ。
岡本氏は遺伝子操作によって「生まれの不平等」が克服され、優秀な遺伝子ばかりが満ちあふれた「均一な社会」が出現する「消費者優生学」の時代の到来を予想しています。しかし格差社会を論じながらも、経済的に遺伝子操作ができない階層がありうることに全く触れていません。

(1月2日読了)


ラベル:生命倫理
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 11:47| Comment(11) | TrackBack(0) | 社会・思想交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。