2007年01月08日

これでホントに核廃絶?!

北朝鮮の核実験発表に大きく揺れた、2006年。
世界の核軍縮は一向に進まず、NPT核拡散防止条約)体制は、米・ロ・英・仏・中の核保有を正当化しているに過ぎません。
核兵器を廃絶するには、核の脅威を無力化するテクノロジーが必要ではないかと考えますが(あくまで核の脅威の無力化であって、核兵器を上回る破壊力を持つ兵器の開発ではありません)、そんな夢のようなテクノロジーが果たしてありうるのでしょうか?

地球上から核兵器を消滅させることが可能だという、世界的物理学者が日本にいます。

世界で初めて原子爆弾を開発した、マンハッタン計画。そこにはノーベル賞を受賞した世界的な物理学者が数多く関わっていました。
「物理学者たちは恐ろしい原爆を作り上げた、物理学者としてこれを消し去る責任がある」
こう語るのが理論物理学者・菅原寛孝氏です。

原子爆弾開発の過程で、科学者たちはある壁にぶつかりました。それが未熟爆発と呼ばれる、プルトニウムが十分に核分裂する前に小規模な爆発を起こしてしまう現象です。未熟爆発を克服して核分裂の連鎖による大爆発を可能にしたのが、爆縮レンズと呼ばれる仕組みでした。
菅原氏はこの未熟爆発に着目し、核兵器を意図的に未熟爆発させて消滅させようと考えたのです。でも、どうやって?
菅原氏の構想は、核兵器にニュートリノを発射するものです。
ニュートリノは太陽の核融合や宇宙線が大気と衝突した際に発生します。しかしニュートリノは地球をも貫通してしまう、観測の困難な素粒子です。小柴昌俊氏のノーベル賞受賞でご存知の方も多いでしょう。
このニュートリノを地球の裏側から核兵器に向けて発射し、核兵器に中性子を浴びせて未熟爆発を起こして破壊してしまおうというのです。

核兵器消滅装置に必要なニュートリノのエネルギーは1000テラev。これがどんなにとてつもない超強力エネルギーかと言いますと…
1000テラevのエネルギーを得るのに必要な粒子加速器は一周1000q。これを稼動する電力は5000万kw。日本の発電設備は1億9800万kwなので、瞬間的にではあっても、日本中の電力の4分の1を消費します。さらに1000qの巨大加速器の建設費には数兆円かかると見積もられます。
今よりも強力な超伝導磁石が使えるならば、粒子加速器の規模は60q、建設費は数千億円に抑えられると言いますが…
問題は規模やコストだけではありません。
中性子が、標的となった核兵器周辺にいる人間を殺傷する可能性。
未熟爆発とはいえども通常の核爆発の3%の破壊力があり、周辺への物理的損害や放射能汚染は避けられないでしょう。
そしてなにより、核兵器の所在位置の特定は難しく、標的に命中するのかという疑問。

ニュートリノによる全核兵器消滅計画は、人類を救う希望の光か?
それとも稀代のトンデモか?

(1月7日読了)


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 02:18| Comment(12) | TrackBack(1) | 科学技術交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。