2007年01月29日

赤ちゃん売ります

タレントの向井亜紀さんは、2003年に代理母出産によって双子のお子さんを授かりました。
代理母出産では、遺伝上の母親と産みの母親が異なります。向井さんは子宮頸がんを患って子宮全摘出手術を受けており、別の女性のおなかを“借りる”ことによって、自身と夫・高田延彦さんの子どもを授かることができたのです。

世の中には、不妊に悩む人々が少なからず存在します。
医療技術の進歩は、これまで子どもを授かることができなかった人々に希望をもたらしました。しかし、体外受精や代理母出産には高額な費用が要求されます。
ベビー・ビジネスとも呼べる新たな市場。その驚くべき実態を、教えてくれる本があります。


ベビー・ビジネス



デボラ・L.スパー著 / 椎野 淳訳



一般的な商品は、市場における需要と供給のバランスで適当な値段が決まります。リンゴの値段が高過ぎるなら、代わりにバナナを買うことができます。
しかしベビー・ビジネスの世界は、他の市場とは異なります。わが子を授かりたいと願う人々は、ありとあらゆる治療を繰り返し試み、可能な限りの費用を投じるのです。そう簡単に諦められるものではありません。かけがえのない、自分たちの遺伝子を受け継ぐ命のためになら。

ベビー・ビジネスは、不妊治療にとどまりません。
着床前遺伝子診断によって、胚が重度の遺伝病を持っているか否かを知ることができます。そうなると健康ではないと判断された胚は、破棄されてしまいます。
“胚の選択”は、いずれ優秀な遺伝子に操作された子ども“デザイナー・ベビー”の誕生を導くことになるでしょう。
バイオテクノロジーばかりでなく、国際的な養子縁組の斡旋もまた、金銭の介在するビジネスといえます。

あらゆるベビー・ビジネスを禁止してしまえば、闇市場が生まれたり、規制の強い国の住民は規制の緩い国へ渡って子どもを授かろうとするでしょう。
宝石や高級ブランド品のような“贅沢品”として生殖医療を位置づければ、濫用は避けられますが、恩恵を受けられるのは裕福な人ばかりです。その先にあるのは、ジーンリッチジーンプアの階級社会かもしれません。
生殖医療を、ドナー登録制の臓器移植のように扱うことも考えられます。商取引の要素は排除され“人体の売買”という懸念はなくなります。しかし全くの無償で代理母を志願したり精子や卵子を提供しようとする人は、多くはないでしょう。

…いろいろと考えさせてくれる一冊です。

(1月29日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
ヒトがモノになる


ラベル:生命倫理
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 20:51| Comment(8) | TrackBack(2) | 社会・思想交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。