2007年02月10日

アニミズム革命

メデューサメドゥーサ)といえば、髪の毛は蛇で、その姿を見た者は石になるという、恐ろしい女の怪物です。
ところが本来、メデューサは豊穣をもたらす大地の女神であって、キリスト教の普及とともに禍々しい怪物の地位に貶められてしまったのだそうです。
随分昔の話ですが、TBSテレビの『日曜特集・新世界紀行』で、このような内容の番組が放送されました。番組終了時のテロップでネタ本として紹介されていたのが、安田喜憲氏の『大地母神の時代』で、この本によって環境考古学という学問の存在を知りました。
環境考古学とは、遺跡から発掘される植物の花粉を分析し、当時の自然環境を再現する学問です。その結果、気候変動や環境破壊と古代文明の盛衰の関連が明らかになってきました。
安田氏は環境考古学のパイオニアであり、自然と文明が共存するためにアニミズムの復権を主張しています。


一神教の闇



安田 喜憲著



自然そのものを神として崇めるアニミズムは、山・川・動植物など、ありとあらゆる事物に神が宿ると考える多神教です。
ユダヤ教キリスト教イスラム教は、唯一絶対の神を戴く一神教です。一神教が生まれたのは、厳しい砂漠の環境でした。自然は、人間が支配し生活に役立てるために、神が創り賜いし物だと考えます。
一神教的世界観は、文明を発展させ科学技術の進歩をもたらしました。しかし、自然は征服されるべきものとの思考は、環境破壊・資源の枯渇を招いています。また、他の宗教に対する非寛容さは、戦争の原因ともなります。

あらゆる宗教を否定した共産主義もまた、一党独裁を是とする一神教的世界観の産物です。著しい経済成長を続ける中国の地球環境への影響に、安田氏は随所で強い懸念を表明しています。一方で、中国にはまだアニミズムの精神が生き残っていると、期待もしています。その象徴がドラゴン)の信仰です。
なお安田氏は本書で中国を「わけなし」の国と呼び、「日本は憲法を改正し、中国や韓国からの不当な内政干渉があった時は、日米同盟を基軸として、断固としてはねのけるべし…」と書いています。

人類の二大脅威である環境問題と国際紛争を克服するには、一神教的世界観を見直し、かつて人類が普遍的に持っていたアニミズム的世界観を取り戻さねばなりません。
ただ、こうした主張は“ベタな西洋近代文明批判”と受け取られる危惧があります。
実際に安田氏は「二項対立論者だ、西洋文明との対決を言っている」と批判されたり、「西洋ではアニミズムとは野蛮な概念である、別の用語にしてはどうか」とありがたい忠告を受けたこともあるそうです。
この本の文章には、攻撃的な感じが否めなかったことを記しておきます。

「あなたの信教は何か?」と問われたなら、私はアニミズムだと答えます。
アニミズムの復権を唱える安田氏とは、共感できる部分が多くあります。
ただし、アニミズムの復権と言っても、人間中心主義自然中心主義を置き換えただけでは、佐倉統氏が指摘するように「自然VS人間」の二項対立の構図を裏返したに過ぎません(現代思想としての環境問題)。
環境問題とは、人間が今後も文明を享受したいがゆえに生じる問題です。文明を放棄すれば良いとか、地球の敵である人間は滅びてしまえば良いと言うのなら、そもそも環境問題は存在しません。
環境問題は、人間中心主義でしか有り得ないのです。
しかしこれからは、人間も自然界の生物の一員に過ぎないことを自覚した“謙虚な人間中心主義”です。
私たちが生きている限り、環境問題は「解消」しません。「緩衝」するしかないのです。

(2月8日読了)


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 01:50| Comment(16) | TrackBack(1) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。