2007年03月20日

天皇陵、発掘。

3月1日、大阪府高槻市にある今城塚古墳から強固な石組み遺構が見つかったと発表されました。
今城塚古墳は第26代継体天皇の陵墓であるとする説が有力であり、発掘結果からも今城塚が大王陵クラスであることが裏付けられました。

今城塚古墳は被葬者の権勢の強さを示す、巨大な埴輪が大量に発掘されたことで知られています。平成15年8月には、壮大な埴輪の配列をCGで再現した番組がNHKスペシャルで放映されました。
この番組の単行本が、平成16年7月に発行されています。今城塚古墳とはいかなる遺跡で被葬者とされる継体天皇とその時代背景はどうだったのか、あらためて探ってみましょう。



大王陵発掘!巨大はにわと継体天皇の謎

宮内庁指定の天皇陵(および陵墓参考地)は、一般人が入ることはおろか、学術研究も許されておりません。ところが今城塚古墳は、なぜか陵墓指定から外れています。しかも王朝交代説もある継体天皇のものとされる古墳が綿密に調査できるわけですから、その価値は計り知れません。
宮内庁が管理する継体天皇陵は、大阪府茨木市にある太田茶臼山古墳です。ではなぜ太田茶臼山ではなく、今城塚が真の継体陵であると言えるのか…それは築造年代がはっきりしているからです。出土した埴輪の分析から、太田茶臼山古墳は5世紀中頃、今城塚古墳は6世紀前半の築造であると判明しました。そうなると前者は、507年に即位した継体天皇の陵墓ではありえません。

今城塚古墳最大の特色である、大量の埴輪。一般に埴輪は墳丘に並べて置かれています。しかし今城塚では墳丘の外の堤にわざわざ舞台を築いて、外部に見せつけるように埴輪を配置しているのです。
実は同じような見せ方をした古墳が、もうひとつあります。福岡県の岩戸山古墳です。こちらは土製の埴輪ではなく石人・石馬像ですが、やはり舞台を築いて並べています。岩戸山古墳の被葬者は筑紫国造磐井と考えられており、継体王権に反旗を翻した磐井の乱の首謀者です。まさに覇権を競ったライバル同士が、古墳でも張り合っているようですね。

今城塚古墳から出土した埴輪には、当時の人々の服装や建築の様式までもが精緻に写し取られています。
武人の鎧は小さな鉄片を綴じ合わせており、これは騎乗に適した形状です。
継体天皇といえば、大和からの即位の要請を一旦は固辞し、懇意にしていた河内馬飼首荒籠から大和の政情を把握したうえで即位に応じたとされています。継体王権の成立には、河内の騎馬交易集団が大きく関わっているようです。
樟葉宮(大阪府枚方市)で継体天皇が即位し、今年でちょうど1500年。物言わぬ埴輪たちが、古代のありのままの姿を語り始めています。

(3月19日読了)


ラベル:古墳
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 00:07| Comment(6) | TrackBack(1) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。