2007年03月21日

富士山大噴火

講談社のメフィスト賞といえば、受賞作のほとんどが講談社ノベルスから出ていますが、石黒耀氏の死都日本は、ハードカバーで刊行された重厚な作品でした。

『死都日本』は、九州の霧島火山が大噴火し日本のほぼ全土が壊滅的被害に見舞われるというクライシス・ノベルです。該博な火山学の知識に裏付けられたリアルな噴火シーンに圧倒され、ゾクゾクしながら読んだ記憶があります。
日本火山学会・日本地震学会からの評価も高い石黒氏が、ついに日本一の山・富士山の大噴火を描きます。


昼は雲の柱



石黒 耀著



山野承一郎は、富士山を研究する地質学者。
ある日、御殿場市の富士山東麓で開発事業を行っている富成興産社長・富成建男から、造成中の現場へ呼び出されます。造成現場で古墳のような横穴が見つかり、富成は幼なじみの山野に調査を依頼したのでした。
富成がユンボで石棺をこじ開けると、そこには古代人のミイラが。もしかして、秦の始皇帝の命令で不老不死の妙薬を求めて富士山へやって来た、徐福の墓なのか?
そのころ富士山では、人体には感じられない低周波地震が頻発するようになっていました。そして、地鳴りとともに富士山頂に青白い発光現象が…

小説なのでネタバレになることは書けませんが、デビュー作『死都日本』同様、溶岩や火砕流のシミュレーションが非常にリアルで、緊迫感が味わえます。
大災害時のマスコミ報道や地域防災のあり方についても考えさせてくれる一冊です。

山野の生家は小さいながらも由緒の古い神社で、山野は火山学の見地から神話を読み解く研究もしているとの設定です。山野の娘で歴史マニアの真紀、真紀に思いを寄せる富成の息子・亮輔らとともに、天孫降臨神話の謎に迫ります。荒唐無稽な神話の場面が、実は火山の噴火に伴う現象を正確に描写しているのだと。
この“火山神伝説”を、石黒氏は壮大なスケールで構想しており、続編が予定されているようです。

分厚いので(500ページ弱)何日かに分けて読もうと思っていたのですが、ページをめくるが手が止まらず、5時間程で一気読みしました。

(3月21日読了)


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 22:15| Comment(4) | TrackBack(3) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。