2007年04月02日

「クニガキチント」しなくていい

己の欲せざるところ人に施すことなかれ
他人に危害を加えない限り、個人の自由は最大限尊重されるべきである…これがリバタリアニズムの基本理念です。当blogでは、これまでリバタリアニズムの語をたびたび用いてきましたが、一般的にはまだ浸透していない言葉かもしれません。

自由主義というと、リベラリズムという言葉が思い浮かびます。
しかしながら、小さな政府を主張する人も、福祉政策重視を訴える人も、みな口をそろえてリベラリストを名乗るので「リベラリズムって、一体何なんだ?」と疑問をもたれる方が多いのではないでしょうか。だからというわけではないでしょうが、個人の自由を最大限尊重する思想はリバタリアニズムと呼ばれます。
ところがリバタリアニズムといっても、実は一筋縄ではいかないのです。
経済的利益追求を第一とした市場原理主義から、国家は国防・治安維持のみに専念せよとする古典的な夜警国家論、ありとあらゆる国家権力の存在を否定するアナーキズムなどがあります。個人の自由を絶対視するだけに、リバタリアンの数だけリバタリアニズムがあるのかもしれません。

蔵研也氏は、堂々と無政府主義者(アナルコ・キャピタリスト=無政府資本主義者)を名乗っています。
年金に健康保険、医療制度や建築の耐震基準…これらは「国がきちんと」やるべきことだと考えられています。しかし「クニガキチント」やることによって、私たちの精神的・経済的自由が大きく損なわれているのではないかというのが、本書の主張です。
自由の尊重は大いに結構。しかし税による富の再分配や健康保険がなかったら、格差が拡大するだけではないのか?…これに対して蔵氏は「クニガキチント」しなければ、安価な食料品や医薬品が流通し、電話料金も下がり、低所得者でも豊かな生活が営めるようになると言います(特に医療制度についての指摘は具体的)。
蔵氏は無政府主義者を名乗るだけあって、国家がなければ戦争もないとか、国籍から自由になることも書いています。しかし所得税を払わずに国々を行き来する永遠の旅行者=PT(Perpetual Travelers)のような生き方には、公共サービスのタダ乗りであるとして批判的なようです。

リバタリアニズムは自己決定を重視しますから、麻薬や自殺も一種の愚行権として認められます。しかしリバタリアンとは、決して経済競争イケイケドンドン主義者や享楽主義者ではなく、むしろストイックな道徳主義者なのだと私は思っています。
私はリバタリアニズムに大いに賛同しますが、現実の経済政策としては、富の再分配は必要だと考えます。リバタリアンだって、失業したり病気になったり投資に失敗したりしますし、経済的勝者は他人を踏み台にして利益を得ているわけですから。
また、現代社会はあまりにも巨大化・高度化・複雑化しました。地球上には60億以上の人間がひしめきあい、誰もが好き勝手に利用できるフロンティアは残されていません。好き勝手に利用すれば、そこにはコモンズの悲劇が待ち受けていることでしょう。

(4月1日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】 イケナイコトカイ?


管理人のひとりごと・・・


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 01:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 社会・思想交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。