2007年04月08日

レアメタル・パニック

昨年(2006年)は原油価格が高騰し、日本国内はちょっとした騒ぎとなりました。
イラン情勢の先行き不透明さや中国・インドの急激な経済成長など要因は多々あげられますが、石油が枯渇に直面したわけではありません。
しかし、埋蔵量が極めて少なく産出国も限られており、そのうえ日本経済の中枢への影響がはかりしれない資源があります。レアメタル(希少金属)です。

レアメタルは、製品の小型化・軽量化・高性能化・省エネルギー化に欠かせない素材です。

液晶パネルには、インジウム
デジタルカメラのレンズには、タンタル
リチウムイオン電池には、コバルト
高性能モーターの磁石には、希土類(レアアース)。

レアメタルには、その名の通り埋蔵量そのものが希少な金属から、埋蔵量はあるが需要が限られている(先進国のハイテク産業にのみ用いられる)ために採掘コストが高いもの、産出国の政策や急激な経済発展など人為的要因で希少となったものなどがあります。
レアメタルは産出国も、アフリカ・南米・旧共産圏など限られた地域に偏在しています。とりわけ一大産出国である中国の経済成長は、レアメタルの急激な高騰=レアメタル・パニックの最大の要因です。中国は資源の供給国から、巨大な消費国となりました。さらに鉱山開発による環境汚染や労働争議も、供給の不安定要因です。

日本のハイテク産業は、レアメタルなしには成り立ちません。
備蓄はもちろん、廃棄物のリサイクル(都市鉱山の開発)や代替素材の研究、中国への環境・省エネルギー技術の提供など、多角的な戦略が求められます。
またレアメタルの価格高騰は、採掘コストが採算に合わないとして見捨てられた日本国内の資源の開発に、再び目を向けるきっかけとなるかもしれません。

(4月2日読了)


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:13| Comment(4) | TrackBack(1) | 政治・経済交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。