2007年04月23日

格差スパイラル

格差、格差、格差…
格差社会の四文字をメディアで目にしない日はない、今日この頃。
重厚長大・大量生産・終身雇用等を基盤とした経済から、バブル崩壊を経て、IT化・グローバル化が進行しニューエコノミーと呼ばれる現在の経済社会。それはIT長者や株長者が注目を集める一方で、大多数の労働者は低賃金でマニュアル通りに単純作業をこなすことが求められる、必然的に格差を生み出す社会でもあります。
希望格差社会新平等社会などで格差社会を論じてきた山田昌弘氏は、この新しい社会に適応できるかできないかの能力の差はコミュニケーションであると言います。

格差社会スパイラル



山田 昌弘著 / 伊藤 守著


携帯電話やインターネットが普及した現代の日本。一見、コミュニケーションが豊かになったように見えます。しかしケータイの普及で、私たちは「人を信じる」心を失ったと、企業経営者のコーチングを手掛ける伊藤守氏は言います。
ケータイのメールでのみつながる「友情」では、メールがすぐに返ってこないと「捨てられた」と思ってしまいます。コミュニケーションは待てないと成り立ちません

子どものコミュニケーション能力が育まれるには、新聞や本を読んだり、展覧会やコンサートを鑑賞したり、親子の間に知的な会話がある家庭環境が求められます。
知的な家庭環境を営むには、親にそれなりの学力が必要でしょうし、それなりの費用もかかるでしょう。しかし実際には高学歴・高収入の男女同士、低学歴・低収入の男女同士が結婚することが多いそうです。また低収入・低年齢カップルの出来ちゃった婚は、経済的理由で離婚に至ることも多いといいます。そうなると、格差は再生産されるばかりです。

格差社会を生き抜くスキルが説かれていますが、少数のクリエイティブな仕事に就く人と、大多数の(非正規雇用であっても構わない)単純労働に従事する人という、二極化するこれからの社会の構図は変えようがないようです。

(4月23日読了)


管理人のひとりごと


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・思想交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。