2007年05月24日

疑惑の国宝

小・中学校の教科書でおなじみ、福岡市の志賀島から出土した漢委奴國王の金印。国宝であり、現在は福岡市博物館に所蔵されています。

あまりにも有名なのですが、私は以前から疑問を持っていました。
金印は江戸時代の1784年、志賀島の水田の溝を掘っていたところ偶然に発見されたと伝わっています。しかしその場所は、古墳でも古代の王城跡でもありません。そんなところにポツリと金印だけが、しかもほとんど無傷(金は非常に軟らかい!)で見つかったのです。
はたして金印はホンモノか…

金印偽造事件



三浦 佑之著


漢委奴國王金印に対する疑惑は、これまでもたびたび提出されています。
ひとつは金印はホンモノであるが、水田から出土したのではなく、志賀島の神社の神宝を盗み出したという説です。出土したとされる地に遺跡は全く見つかっていませんが、博多湾は大陸との交易の玄関口であり、志賀島に金印が伝わっていてもおかしくはありません。
ただ、いくらなんでも神宝が盗まれたなら、大騒ぎになって記録に残るのではないでしょうか。金印の発見には福岡藩のみならず、本居宣長上田秋成など、当時の名だたる文化人たちが強い関心を示していたわけですから。

もうひとつは真っ赤なニセモノ説です。著者・三浦佑之氏は、金印の鑑定人である福岡藩の学者・亀井南冥(なんめい)が金印偽造の首謀者であるとみています。
金印が発見されたその年、福岡藩にはふたつの藩校が開校しました。
南冥は、町医者から藩校の祭酒(館長)に大抜擢された、野心あふれる人物です。金印の出土は、彼の学識をアピールし、自らの率いる甘棠館(かんとうかん)を興隆させる、絶好のチャンスだと捉えていたようです。
もう一方の修猷館(しゅうゆうかん)に属する学者たちの、金印に対する反応は、かなり冷めたものでした。
金印の製造年代はいつなのか、科学鑑定が待たれます。

さて「漢委奴國王」の読みですが、カンノワノナノコクオウとするのが一般的です。委は倭(ワ)の人偏を取った省略字体で、後漢書に記された倭の奴国に西暦57年に贈られた金印だとしています。
カンノイトコクオウと読む説もあります。こちらは委奴を魏誌倭人伝に記された伊都国と同一視します。
著者の三浦氏は、本書のテーマは江戸時代の金印偽造事件であり、古代史の解明ではないとしているのが残念ですが、推理小説のような謎解きの楽しみが味わえる一冊です。

(5月24日読了)


管理人のひとりごと


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 22:28| Comment(10) | TrackBack(2) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月21日

誰かが世界を終わらせる?

戦争やテロ
未知なるウイルスの流行
地球規模の環境異変…
人類を滅亡に導く危機について警鐘を鳴らす書物は数多くありますが、今回ご紹介する本の特色は、国家間の戦争や地球環境問題ではなく個人が世界を滅ぼす可能性を指摘していることです。



今世紀で人類は終わる?

個人が世界を終わらせる可能性のひとつとして、まず挙げられるのが核を使ったテロです。プルトニウムを爆発させるには爆縮という特殊な技術が不可欠でテロリストの手に負えるものではありませんが、濃縮ウラン型爆弾なら核テロは比較的容易です。ソ連崩壊のドサクサの折、杜撰に管理された核兵器がチェチェン反政府勢力などに流出しているかもしれません。

本書で最も危険度が高いとされているのが、バイオテロです。生物・化学兵器の製造を監視するのは核兵器よりもはるかに困難であり、ウラン濃縮のような高度な技術も必要ありません。バイオテロを引き起こすのには国家どころか大規模なテロ組織すら必要ではなく、社会に憎悪を抱くマニアックな個人が世界を恐怖に陥れることができます。
狂った研究者が強力なウイルスを合成するばかりでなく、研究所に保管された天然痘ウイルスが持ち出される危険もあります。故意のバイオテロではなくとも、研究室でのバイオエラーも同様です。バイオテロ・バイオエラーは、たとえ犠牲者を出さなくても社会に深刻なパニックをもたらすことでしょう。

さらにSFじみた話ですが、粒子加速器で原子同士を衝突させる実験がビッグバンを起こし、地球どころか宇宙を破壊してしまう可能性を論じている科学者もいらっしゃるそうです。

著者のマーティン・リース教授は、イギリスの高名な宇宙物理学者です。衝撃的なタイトル(原題は『Our Final Century?』)が付いていますが、最先端の科学がもたらす人類の危機ばかりではなく、未来への展望(人類の宇宙への進出)も述べられています。ただし人類が繁栄を維持するためには、今世紀をどう生きるかが大切であると。

この広大な宇宙で、生命の存在が確認されているのは私たちの地球だけです。
人類は、地球は、いつまで続くのでしょうか。確かに言えることは、数十億年後には地球は膨張する太陽に飲み込まれてしまうことです。生命の誕生が、40億年前の地球で起こった宇宙の歴史上たった一度きりの出来事ならば、地球の消滅とともに宇宙から生命の存在は消えてしまいます。
もしかしたら人類に課せられた使命は、地球に誕生した生命の種を宇宙へ蒔くことかもしれません。そうすれば数億年先には、地球以外の星にも生態系が生まれているかもしれません。
それとも地球以外の星に生命の種を蒔く行為は、宇宙環境の破壊でしょうか?(笑)

(5月20日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】世界はこうして終わる?
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 00:52| Comment(6) | TrackBack(0) | 科学技術交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月14日

1971

東浩紀北田暁大、ともに1971年生まれの批評家と社会学者です。
同じ年に生まれ、同じように東京郊外で育ち、同じ大学に通った二人。『東京から考える』は、東京(および隣接する県)の都市の住んだ記憶や歩いた印象を挙げながら、格差について郊外について果てはナショナリズムに至るまで語る対談集です。



東京から考える

「郊外」にはふたつのタイプがあるようです。
ひとつは国道16号線的な郊外です。大型ショッピングセンターやファミリーレストラン、24時間営業のファストフード店・レンタルビデオ店等が立ち並ぶ、クルマなしでは生活できないような都市。本書ではたびたびジャスコ的・TSUTAYA的郊外と表現されます。
もうひとつは東氏が育った横浜市青葉台のような新興住宅地です。「○○台」とか「××が丘」とネーミングされることの多いこれらのニュータウンは、街路はこぎれいに整備され、盛り場のような雑踏や暗がりは徹底的に排除されています。下校する小学生が防犯用のICタグを持たされていたり、世田谷区の成城のように住宅に監視カメラが設置されている場合もあります。こちらは富裕層の理想の生活を体現した、テーマパークのような郊外です。日本版ゲイテッド・コミュニティともいえます。

ジャスコ的な日本全国の都市の画一化(三浦展氏のいうファスト風土化)が進むなか、それぞれの都市に個性を持たせようという声は根強くあります。
一方で人は都市に快適さと安全を求め、バリアフリーとセキュリティーを追求した人間工学的に正しい都市空間が、私たちの生活圏を覆いつくそうとしています。
東氏は、人間工学的に正しい都市を許容する立場です。一方の北田氏は、下北沢が再開発によって迷路のような街並みが失われようとしていることに触れ、ノスタルジーの権利を擁護します。
また格差について語る章では、ホリエモンに代表される億単位の資産を持つIT長者と、下流と呼ばれる若者のライフスタイルがなんら変わらない(どちらもジャスコ的・コンビニ的な消費スタイルと親和性が高い)との指摘が面白いですね。

地方在住者にとっては東京の地名をいろいろ挙げられても、その街の特色を思い浮かべることができないのですが、自分の住んでいる地域に重ね合わせて読んでみるのも一興です。

(5月13日読了)


管理人のひとりごと
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 02:16| Comment(6) | TrackBack(0) | 社会・思想交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月05日

靖國問題解決します!?

今から約1100年前、藤原氏を中心とする貴族たちが政権を握っていた平安時代。京の都から遠く離れた坂東の地に、独立政権を樹立しようとした男がいました。
平将門です。

志半ばで討たれた将門の首は、都から故郷・坂東の地へ向かって飛び、力尽きて落ちた場所が将門の首塚(東京都千代田区大手町)であると言われています。
また、藤原氏によって失脚させられた菅原道真の生まれ変わりだと噂され、道真・崇徳院とともに日本三大怨霊と呼ばれることもあります。将門の首塚に危害を加えた者には祟りがあるとの伝承も有名です。



QED〜ventus〜御霊将門

またまた高田崇史氏のQEDシリーズです。
ventusのサブタイトルが付く作品は、歴史ミステリの形をとった観光ガイドで、本作にはもはや現代における犯罪は登場しません(笑)
むしろ「ventus」作品は(一種のファンサービスと割り切って)歴史上の謎の推理に絞るべきで、取って付けた事件のようなものは不要です(かえって作品の質を落としています)。
ただし時系列順では『河童伝説』よりも前になるので、私のように順番を逆にして読まないほうが良いです。
読んだ日は世間ではGWにもかかわらず仕事だったので、本作で観光気分を味わいました(苦笑)

今回の旅は、神社詣で&墓参りが趣味の薬剤師・桑原崇(通称タタル)が、お花見を強引に将門ゆかりの地ツアーに変更し、将門が実は怨霊ではないことを証明しようとするものです。
そして「将門公の祟り」と噂された大蔵官僚怪死事件・GHQ事件の真相も推理します(このネタを楽しむには秋庭俊帝都東京シリーズを読んでおいたほうがいいでしょう)。

桑原崇は、最初に訪れた靖国神社で「A級戦犯分祀問題も政治家の参拝問題も、先人の智慧であっけないくらいに簡単に解決できる」と語ります。俺一人の妄想に過ぎないかも…と断っていますが。
靖国問題のあっけないくらいに簡単な解決法は、結局タタルの口からは最後まで明かされません。物語のどこかにヒントが隠されているのでしょうか?

(5月4日読了)

posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 22:52| Comment(4) | TrackBack(0) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月04日

第3のシナリオ

2008年は、北京でオリンピックが開催されます。
急速な経済発展を続ける中国に、より多くの注目が集まることでしょう。
経済的にも軍事的にも、アメリカに比肩しうる超大国への道を歩む中国。現在のアメリカは中国をどう見ているのでしょうか。

今後の中国はどこへ向かっていくのか、アメリカには大きく二つの見方があるといいます。
ひとつは、中国における経済の自由化は、政治や言論面での自由化を促すであろうというものです。
一方、経済発展の恩恵を受けているのは沿岸の大都市だけであり、内陸部は依然として貧しい暮らしを強いられています。拡大する貧富の差や政治的抑圧に人民が蜂起し、中国は統一を維持できずに崩壊・分裂するというのが、もうひとつのシナリオです。



危険な幻想

著者である『ロサンゼルス・タイムズ』の外交記者ジェームス・マン氏は、第3のシナリオを提示します。それは中国が経済成長を続けても政治的にはなにも変わらず、一党独裁体制が続くというものです。たとえ政権党の名が共産党ではなくなっても。
中国では経済発展の恩恵を受けた中産階級が形成されつつあり、自由に目覚めた彼らが共産党支配に対抗し民主主義を実現するのではないか…このような見方にもマン氏は異を唱えます。むしろ彼らは民主主義を否定すると。
中国の富裕層は人口比ではわずかです。中国政府は都市部を優遇し、農村地域の近代化は遅れています。全国的な選挙が行われるなら、少数の都市富裕層と大多数の地方農民とではおのずと違った投票行動をとります。そうなると中国の中産階級たちは、民主化よりも現状維持を望むというのです。
崩壊・分裂のシナリオに対しても、これまで中国が内戦や分裂を経ても再び政治的統一を回復してきた歴史を踏まえて、懐疑的です。

本書のテーマは「アメリカ政府の中国観」であって、中国の現状分析ではありません。
拡大する中国市場は、アメリカ経済界にとっても大きな魅力です。ことあるごとに人権外交を振りかざすアメリカですが、中国に対してはビジネスの論理が優先してきました。そのためアメリカには、中国はいずれ民主化するだろうという「気休めのシナリオ」が蔓延してきたと、マン氏は指摘します。
ただ、終始同じような主張が繰り返されているので、ちょっと退屈になる本です(笑)
巻末の訳者による座談会が、本書の内容を上手くまとめています。

(5月3日読了)
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月03日

不確かな真実U

地球温暖化の危機が叫ばれる、現在。
北極や南極の氷がなくなるとか、太平洋の島国は海に沈むとか、センセーショナルな話題が先行しがちですが、真実はどうなっているのでしょうか。
地球温暖化問題を冷静に考えるには、現場の科学者がどう捉えているのかを調べてみることです。以前、『北極圏のサイエンス』をご紹介しましたが、今回は世界の最高峰・ヒマラヤからの報告です。



ヒマラヤと地球温暖化 中尾正義 著

ヒマラヤでは、実際に氷河の減退が観測されています。
ネパールの首都カトマンズでも、1960年代以降気温が上昇傾向にあります。ただし、これが地球規模の気候変動の影響であるとは言えません。都市化が進むカトマンズでは、ヒートアイランド現象であると見るのが妥当です。
ではヒマラヤの山岳地帯ではどうかというと、1970年代以降、地球規模の温暖化に同期するように気温の上昇傾向が見られます。氷河の融解も、気温上昇が促進している可能性は大きいようです。しかしヒマラヤでの温暖化の速度は、世界の他の地域(北半球の平均温暖化速度)よりもいくぶん緩やかです。

実はヒマラヤの氷河を融解させる大きな要因が、もうひとつあります。ヒマラヤの氷河には黒く汚れた部分があるのですが、これは氷上に生息する生物たちが生み出した有機物クリオコナイトです。これが氷河の融解を促進していたのです。生物が地球環境の変化に及ぼす影響の大きさを示す一例ですね。

氷河には冬雪型夏雪型があります。冬に降水量が多い地域では、冬の積雪で氷河が成長します。ヒマラヤの氷河は夏雪型です。しかし夏の雪は、ほんのわずかな気温の上昇で雨に変わります。夏雪型氷河は、地球温暖化に弱いのです。
ヒマラヤの氷河の衰退がすべて気温上昇によるものではないのですが、氷河の盛衰は気候の変化を鋭敏に反映する、地球環境のバロメーターであるといえます。

(4月30日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】 不確かな真実

さて、地球温暖化に関連して気になるニュースが。4月27日から始まったバイオガソリンの販売です。

管理人のひとりごと
ラベル:地球温暖化
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 00:39| Comment(13) | TrackBack(4) | 自然科学交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月01日

あかきゆめみし

4月23日、ロシア連邦の初代大統領ボリス・エリツィン氏が死去しました。
エリツィン氏は、1991年8月の守旧派によるクーデターを制圧し、ソビエト社会主義共和国連邦を崩壊に導きました。ここに1917年のロシア革命以来(ソ連の成立は1922年)、74年間続いた社会主義体制は幕を下ろしたのです。



共産主義が見た夢

「階級差のない平等な社会」という崇高な理想を掲げて誕生した共産主義
資本主義が発展していくと、資本家が手にする利潤も労働者に支払われる賃金も減少し、大企業は小企業を吸収して富はますます少数の者の手に集中する。資本主義である限り、恐慌と失業はなくならない。そして事態は否応なく革命へと向かう。革命によってブルジョワの所有する生産手段は国有化され、(プロレタリアート独裁を経て)階級なき社会が実現される…
しかしながら実際に革命が起こったのは、資本主義が成熟した社会ではなく、後発資本主義社会のロシアでした。そして階級なき社会を目指すはずだったのが、現れたのは共産党による強固な独裁国家だったのです。

共産主義とはなんだったのか。
本書には、世界最初の社会主義国家ソビエトの歴史を中心に、中国や中南米の社会主義国家の成立までが簡潔にまとめられています。とりわけ興味深いのがレーニンの生涯です。彼は、敵の敵と手を組んで権力の頂点へと登りつめた、非常に冷徹なマキャベリストとして描かれています。
「ある政治目標を実現するために、ある一定の残虐行為に訴えることがもし必要ならば、それは最も精力的な方法で、かつ可能な限り最短期間内に実行されなければならない。なぜなら大衆は、長引く残虐行為に耐えられないからだ」これはレーニンが引用したマキャベリの言葉です。レーニンの後継者スターリンが行った大粛清がよく批判されますが、その土壌はレーニンが用意したものでした。
共産主義の名のもとに、あまたの人類の命が失われました。

本書の注釈には「社会主義と共産主義との間に明確な区別をつけることはできない」と書かれていますが、やはり区別すべきです。実際に地球上に存在したのは社会主義国家であって、万民の完全な平等と国家の消滅を実現した共産主義社会(国家ではない!)は、いまだこの世には現れていません。
原始時代は共産主義社会だったのかもしれませんが、原始時代の人間に全く私的所有という概念がなく、階級もまた存在しなかったのかどうかは、定かではありません…
世界史上最も成功した社会主義国(=最も経済的平等を実現した国)は、やはりわが日本でしょうか。

(4月29日読了)


管理人のひとりごと
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:34| Comment(26) | TrackBack(0) | 社会・思想交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。